記事

政治家が政策を行うために、配慮するべき将来世代

1/2
少し前に友人達と「政治家が配慮を行うべき人」はどんな人なのかという話で盛り上がった。
「税金を払う人」「自分の選挙区に住んでいる人」「国全体の人」
「日本国民ならず日本に住んでる外国人の人」「世界に住んでいる全ての人」
などいろんな視点がでた。

もちろん何かの答えがあるわけではないし、色んなケースに応じて考えていく必要がある。

この中で僕が話した1つの視点は「まだ自分で判断・意思表示をすることができない人への配慮」ということ。

つまりは自分の意思を持ち政治に影響を与えることがまだできない人のこと。

どのような人かといえば「まだ生まれてきていない人」や「生まれているが幼く、頭で判断をすることができない人」といったイメージかなと。

このような人たちのことを将来世代と呼ぶこともある。

将来世代のことをどれだけ配慮した政治をいま行うことができるかが、人口減少・少子高齢化社会の日本において求められている。

いま、求められる、というか、この数十年ずっと求められてきたかなと。

あわせて読みたい

「政治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    J&J株 ベビーパウダー報道で急落

    ロイター

  4. 4

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  5. 5

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  6. 6

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  7. 7

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  8. 8

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  9. 9

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  10. 10

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。