記事

政治家が政策を行うために、配慮するべき将来世代

1/2
少し前に友人達と「政治家が配慮を行うべき人」はどんな人なのかという話で盛り上がった。
「税金を払う人」「自分の選挙区に住んでいる人」「国全体の人」
「日本国民ならず日本に住んでる外国人の人」「世界に住んでいる全ての人」
などいろんな視点がでた。

もちろん何かの答えがあるわけではないし、色んなケースに応じて考えていく必要がある。

この中で僕が話した1つの視点は「まだ自分で判断・意思表示をすることができない人への配慮」ということ。

つまりは自分の意思を持ち政治に影響を与えることがまだできない人のこと。

どのような人かといえば「まだ生まれてきていない人」や「生まれているが幼く、頭で判断をすることができない人」といったイメージかなと。

このような人たちのことを将来世代と呼ぶこともある。

将来世代のことをどれだけ配慮した政治をいま行うことができるかが、人口減少・少子高齢化社会の日本において求められている。

いま、求められる、というか、この数十年ずっと求められてきたかなと。

あわせて読みたい

「政治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  9. 9

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。