記事

政治家が政策を行うために、配慮するべき将来世代

1/2
少し前に友人達と「政治家が配慮を行うべき人」はどんな人なのかという話で盛り上がった。
「税金を払う人」「自分の選挙区に住んでいる人」「国全体の人」
「日本国民ならず日本に住んでる外国人の人」「世界に住んでいる全ての人」
などいろんな視点がでた。

もちろん何かの答えがあるわけではないし、色んなケースに応じて考えていく必要がある。

この中で僕が話した1つの視点は「まだ自分で判断・意思表示をすることができない人への配慮」ということ。

つまりは自分の意思を持ち政治に影響を与えることがまだできない人のこと。

どのような人かといえば「まだ生まれてきていない人」や「生まれているが幼く、頭で判断をすることができない人」といったイメージかなと。

このような人たちのことを将来世代と呼ぶこともある。

将来世代のことをどれだけ配慮した政治をいま行うことができるかが、人口減少・少子高齢化社会の日本において求められている。

いま、求められる、というか、この数十年ずっと求められてきたかなと。

あわせて読みたい

「政治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

  4. 4

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  5. 5

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  6. 6

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  8. 8

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  9. 9

    高須院長 大阪W選の自共に苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。