記事

政治家が政策を行うために、配慮するべき将来世代

1/2
少し前に友人達と「政治家が配慮を行うべき人」はどんな人なのかという話で盛り上がった。
「税金を払う人」「自分の選挙区に住んでいる人」「国全体の人」
「日本国民ならず日本に住んでる外国人の人」「世界に住んでいる全ての人」
などいろんな視点がでた。

もちろん何かの答えがあるわけではないし、色んなケースに応じて考えていく必要がある。

この中で僕が話した1つの視点は「まだ自分で判断・意思表示をすることができない人への配慮」ということ。

つまりは自分の意思を持ち政治に影響を与えることがまだできない人のこと。

どのような人かといえば「まだ生まれてきていない人」や「生まれているが幼く、頭で判断をすることができない人」といったイメージかなと。

このような人たちのことを将来世代と呼ぶこともある。

将来世代のことをどれだけ配慮した政治をいま行うことができるかが、人口減少・少子高齢化社会の日本において求められている。

いま、求められる、というか、この数十年ずっと求められてきたかなと。

あわせて読みたい

「政治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    スポーツ論じて滑るTBSサンモニ

    メディアゴン

  5. 5

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  6. 6

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  7. 7

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  8. 8

    皇位継承に養子案と旧宮家復帰案

    長尾敬

  9. 9

    チュート徳井が謝罪「私の怠慢」

    AbemaTIMES

  10. 10

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。