記事

【衆議院議長の異例の発言について】・・・・・憲法41条を議論せよ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010020-houdoukvq-soci

拙速の何が悪い? 日本は変化についていけぬ国なのか
12/5 21:29配信

「自民党も、日本にとって必要だと思ったら、たとえ多くの批判を受けても、毅然としてやるべきことはやってください。」 (執筆:フジテレビ 解説委員 平井文夫)とあります。

今、日本国民にとって一番必要なことは、「憲法第41条が遵守されているか」議論することであると考えます。

●日本国憲法

第四十一条 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

特に森友学園事件に関する公文書改ざん問題(行政監視)と入管法改正に関する政省令への丸投げ問題(委任立法)では、 この規定が遵守されていないことが明らかだからです。

最近の大島衆議院議長による二つの異例の発言も、その意味で理解すべきであると思います。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201808/CK2018080102000160.html

政権不祥事「民主主義 根幹揺るがす」 衆院議長、異例の所感

https://mainichi.jp/articles/20181128/k00/00m/010/199000c
入管法案 与党に追加質疑「指示」 大島衆院議長が危機感

何より政府と官僚機構が「主権者国民に対して」法(憲法と法律)を誠実に執行しているか、を問わなければなりません。

日本が民主国家であるかどうか、が問われているわけです。

この議論をしなければ国会審議は完全な「拙速」になります。

あわせて読みたい

「国会改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  2. 2

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  3. 3

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  4. 4

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  5. 5

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  6. 6

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  7. 7

    ヒカキン見るな 親の葛藤を痛感

    文春オンライン

  8. 8

    金持ちの道楽でない左翼が必要

    常見陽平

  9. 9

    ルノーが数日中にゴーン氏解任か

    ロイター

  10. 10

    無闇なインフル通院に医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。