記事

「第2志望でも納得できない病」で中学受験の親子が“壊れる” ~「中学受験残酷物語」が生まれるメカニズム~ - おおたとしまさ

1/2

 中学受験は両刃の剣。やり方を間違えると親子を壊す凶器にもなる。

【表】中学受験偏差値(男子) 1位は灘中。では2位は?

 親子を壊すいちばんの原因となるのが、「全滅したらすべてが水の泡」だとか「第1志望に合格しなければ意味がない」というような「ゼロか百か思考」。

 ちょっとでもつまずいたとたんに不安に振り回されるようになり、冷静な判断ができなくなる。気付いたときには親も子もボロボロ。そこまでのリスクを冒して中学受験をする意味はどこにもない。

©iStock.com

せっかく入学した中学校を5月に退学

 ある私立中高一貫校の教員は、ため息交じりに教えてくれた。

「入学するなり、本校に対する不満ばかり言う保護者がいました。どうもうちが第1志望ではなかったらしいんですね。親がそうなら子もそうなる。親子で散々本校の悪口を言った挙げ句、5月には地元の公立中学に転校してしまいました」

 親が悪口を言う学校に毎日通わなければならない子供の気持ちを想像してみてほしい。胸の痛みを紛らわすために、親といっしょになってせっかく合格した学校を否定したのではないか。転校すればその傷は癒えるのか。だといいのだが……。

 これを「第2志望でも納得できないという病」と呼ぶ。

思春期前は親の価値観が「絶対」

 思春期前のこの時期には、子供は自分の価値観よりも親の価値観を通して世の中を見ている。それが絶対的な価値観であると信じて疑わない。自分の努力の結果が親を落胆させるものだったとしたら、子供の自己肯定感は下がる。それが中学受験の大きなリスクのひとつである。

 逆に言えば、親が、子の努力を評価し、どんな結果であろうとたたえることができれば、子供の自己肯定感の低下は阻止できる。

 中学受験という経験を「大変だったけれど良い経験」として心に刻むか、「つらいだけの残酷な経験」として心に刻むかは、親の心構え次第なのだ。

「子が壊れる前に親が壊れる」が典型パターン

 個別指導塾に通うある小学6年生の母親は、涙ながらに告白してくれた。「模試の成績で偏差値が下がるたびに不安になり、もっとやらせねばならないと焦り、怒鳴り、わが子を罵倒しました。あの参考書がいいと聞けばそれを買い、『これもやりなさい』とさらに負荷をかけました。いま思えば、自分自身が不安に押しつぶされそうになるのを防ぐために、子供を追いつめていました」

 幸いその母親は、受験のプロのカウンセリングを受け、悪循環から脱した。すると、子供の成績も伸びたそうだ。

 第1志望に大きな憧れを抱き、受験勉強のモチベーションにすることは大切なこと。しかし、第1志望しか見えなくなると危険である。

 この例のように失うものが大きいと感じれば感じるほど、不安も大きくなる。大きな不安を抱えると、その不安に自分自身が振り回される。その悪循環にはまりやすいのは、受験生本人ではなく、親のほう。それが、中学受験で親子が壊れ自滅する、典型的なパターンなのである。

 本来であれば受験終了後に発症する「第2志望でも納得できないという病」は、受験勉強のさなかから、親の心に病巣を生み、親子をむしばむことがある。

あわせて読みたい

「受験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  4. 4

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  5. 5

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。