記事

「日本人が眠れないのは会社のせい」広告代理店出身社長が語る国民総睡眠不足の原因

2/2

枕元にスマホを置くだけで、組織の生産性を可視化

――御社の「O:SLEEP」はどのようなサービスなのでしょうか?
――谷本
「『O:SLEEP』は従業員向けのアプリと、企業の人事部門や産業医・保健師の方が用いるブラウザシステムの連携したサービスです。

アプリの方で枕元に置いて睡眠時間を取得。睡眠衛生学を基に従業員の睡眠習慣の改善を促します。アプリを利用することで、自分の睡眠状態や『理想の睡眠時間』が客観的に分かるようになります。使い続けることで、熟睡や『日中の眠気』が解消されてスッキリする状態になることが期待できます。

また、ブラウザシステムの方では『個人が特定できない状態』に変換し、組織の状態も可視化できます。提供内容としては、

  • 組織の生産性(プレゼンティズム)の可視化 & 損失額の金額換算
  • 本人の自覚有り無しに関わらず、メンタル面でハイリスク者を予測
  • どの部署が危険水準に達しているか
  • 上記問題の原因や対策を毎月1回提示

の4点です。まだ検証中ですが、今後はハイリスクだとわかった個人の中で改善欲求がある方に対して、会社に知られることなく、その改善に向けて我々が個別介入していくところを強化できればと思っています」

睡眠と生産性は密接に関わってくることから、睡眠を可視化すれば生産性がどの程度あるのか分かるといいます。

下記は従業員が使用するアプリのデモ画面。スマートフォンを枕元に置くだけで加速度センサーで体の動きを検知し、睡眠情報を取得。詳細に自分の睡眠を分析してくれます。

睡眠時間や、平均睡眠スコアを算出

取得したデータを基に、睡眠衛生学の見地から睡眠のアドバイスをくれる

入眠・起床時間も正確に計測

睡眠のTipsなども読める

上記の従業員用のアプリで取得したデータを基に、人事労務部門は組織全体の生産性を高める対策を立てられるというわけ。しかし、自分の体内時計と会社の勤務時間がどうしても合わない場合はどうすればいいのでしょうか?

――谷本
「解決策はふたつあって、ひとつは会社をやめること(笑)もうひとつは、少しでも適応できるための生活を実践することです。

O:SLEEPでは、最適な睡眠時間を可視化するほか、風呂、食事、仮眠の最適な時間帯などもサジェストします。こうすることで、睡眠に悩む人でもある程度対策を立てることができます」

2019年、AI搭載の腕時計型デバイスで勝負を仕掛ける

――AIはどの部分に使用されているのでしょうか?

――谷本
「実は『O:SLEEP』にはAIと呼べる技術は使っていないんです。2019年をめどに腕時計型デバイスを開発中で、そのデバイスにAI機能を組み込む予定です」

なんと。AIメディアなのにAIのことが聞けないのは残念。腕時計型デバイスについてもまだ多くが企業秘密とのことでした。

しかし、腕時計型デバイスであれば加速度や脈拍など、さまざまなデータが取得できるので、AIが活躍する余地は大きいといえます。toC向けのアプリも開発中とのこと。

取材してみて、改めて日本人の睡眠不足は極めて深刻な課題だと再認識しました。しかもその原因が、会社という日常的に過ごす場所であるという事実は、分かっていたようでいてあまり分かっていなかったかもしれません。「O:SLEEP」のようなサービスを用いて会社単位で健康経営を進めることは日本としての急務でしょう。

ディップが主催するAIアクセラレーターにも採択され、数々の賞も受賞して波に乗るO:。「世界一眠れない国」を変革してくれることを願ってやみません。

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  6. 6

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  7. 7

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。