記事

盛り上がりに欠ける国内カジノ「実現したら遊びに行く」1割台 「話の種に一度は行く」

エアトリは12月5日、10~70代の男女1021人を対象に実施したカジノに関する調査の結果を発表した。

国内にカジノができたら遊びに行く人は14.7%にとどまり、行かない人が55.9%と過半数に上った。男女別では、男性の18.5%、女性の7.7%が「行く」と回答しており、女性よりも男性の方がカジノに行くつもりであることがわかった。

「海外で行くのは旅行でテンションが上っているから。日常には馴染まない」

国内のカジノに行く人は少数

「行く」と答えた人からは、

「好奇心。話の種に一度は行くと思う」(20代男性)
「"花札"や"丁半"など、日本ならではのカジノだと楽しい。また、豪華な射的やUFOキャッチャーとかどうでしょう?」(30代女性)

といった意見が寄せられた。一方、「行かない」という人からは、カジノはあくまでも海外旅行という非日常の中で楽しむものという声が上がった。

「海外という非日常の世界だから、いつもしないカジノで少々遊ぼうという気持ちになるだけだから」(60代男性)
「海外で行くのは海外旅行でテンションが上っているから。日常には馴染まない」(50代女性)

実際、国内のカジノに行くという人は2割に満たなかったが、海外旅行でカジノで遊んだ経験がある人は62.7%に上った。海外でカジノに行った理由を聞くと、「旅行先にカジノがあった」が51.1%で最も多く、「日本国内では体験できない」が49.5%だった。男性では「ギャンブルが好きだから」という人も17.9%いた。

カジノで遊んだ際、一度で使った最高金額を聞くと、3万円未満が69.7%と大半を占めた。3万円以上10万円未満は15.7%で、100万円以上使った人も3%いた。3万円未満の割合は、女性で87.7%、男性で61.1%となっており、男性の方が使用金額が高いことがわかる。

カジノに行ったことがある国や都市を複数回答で聞くと、1位は韓国(51%)、2位はマカオ(48%)、3位はラスベガス(45%)だった。特に女性の62%は韓国でカジノに行ったことがあると回答しており、買い物やグルメで人気の旅行先である韓国でカジノにも足を運んでいることが伺える。

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  2. 2

    韓国の親日美人議員を北が罵倒

    高英起

  3. 3

    統計不正は森友と同じ忖度行政

    岸本周平

  4. 4

    安倍首相による平和賞推薦に疑問

    舛添要一

  5. 5

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  6. 6

    辺野古の賛否問う県民投票に疑問

    MAG2 NEWS

  7. 7

    林修 ブレイク6年目も消えない訳

    文春オンライン

  8. 8

    「ダメ、ゼッタイ。」が生む偏見

    WEDGE Infinity

  9. 9

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  10. 10

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。