記事

難病も障害も超えていく。「分身ロボット」による五輪・パラリンピックボランティア参加を実現しよう!

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日は伊藤陽平区議にお誘いいただき、日本財団ビルで10日間限定で開催されている「分身ロボットカフェ DAWN」に行ってきました。



遠隔コミュニケーションロボットOriHime-Dによる分身ロボットカフェ、Café DAWN
https://arca-gia.com/lp/cafe/

10日間限定でオープンしているこのカフェですが、すでに関係者の間で話題沸騰。

何がすごいって、単に遠隔操作ロボットがカフェ店員として接客してくれるだけではありません。このロボットを操縦している「パイロット」は、全員が難病や障害などの理由でいわゆる「寝たきり」状態になっている方々なのです。



ある人は目で、ある人は指先で、ある人は顎の先端で。

オリィ研究所が開発した、自分が動かせるわずかな部位だけで操縦可能なロボット「OriHime-D(オリヒメ)」によって、接客という「仕事」を見事にこなしていました。


(1分程度の動画も)

もちろん「オリヒメ」にはカメラが搭載されていて、パイロットからこちらの様子は見えていますし、会話もスムーズに可能です。

飲み物をサーブした後の「フリータイム」では、各テーブルで来場者とパイロットたちが楽しくコミュニケーション。

私たちのテーブルを最初に担当してくれた「マサ」さんは、脊髄性筋萎縮症で寝たきり状態。気管切開をしているために常に介助者が必要な状態とのことで、今回が生まれて初めての「仕事」。

それでもしっかりと会話まで含めて役割をこなし、

まさか人生で初めてする仕事が、『接客』になるとは夢にも思いませんでした!

という一言で、場の爆笑をかっさらっていきました。



こちらは小型のオリヒメ(ミニヒメ)。視覚の共有と会話に加えて、手を可愛く動かしてコミュニケーションができます。

このパイロット・オリィ研究所秘書の「のぞみん」は、世界でも150人しかいない「自己貪食空旗袍ミオパチー」という難病だそうですが、何らハードルを感じさせず、まるでその場にいるかのように楽しく会話が弾みます。

ただ、

「僕、地方議員をやっているんですよ」
「(首がこっちに向く)あ、もしかして、音喜多さんですか?!」
「あ、そうですそうです!知ってましたか?嬉しいなあ」
……(通信が絶妙なタイミングで途絶える)」

というコントみたいな展開もありました(笑)。

この小型のオリヒメは、結婚式や卒業式などの式典に自宅から出席するときに重宝するようです。



まさにこれまでの「不可能」を可能にした未来空間。「イヴの時間」というSFアニメをモチーフ・コンセプトにした店内の雰囲気も秀逸で、規定の1時間があっという間に過ぎてしまいました。

いやはや、月並みですが、百聞は一見にしかずといいますか。

実はこのカフェには、オープン前の準備段階から訪れていまして、オリィ所長ともそのときに話して概要や狙いはだいたい理解していたつもりでした。

しかし、実際に「オリヒメ」の中に入って、自宅にいながら生まれて初めての(あるいは久しぶりの)「仕事」「接客」を楽しんでいるパイロットの方々と触れ合うと、言葉にできない感動と感情がこみ上げてくるものがありました。

「もっともっと働きたい」
「このカフェが常設になって欲しい」
「サーブするだけでなく、今度はバリスタをやってみたい」

等など、パイロットの皆さまが目を輝かせながら(オリヒメの目が光りながら。笑)、はずんだ声で夢を語ってくれて。



そしてこちらの愛知県で勤務しているみかさんからは、

「オリンピック・パラリンピックのボランティアに参加したい!」

との要望・意見をいただきました。

確かにこの「オリヒメ」によって、会場内の道案内などの業務であれば、家にいながらにしてこなすことも十分に可能なはずです。

テクノロジーの力で、多様な参加機会を切り開いていく。まさに2020東京大会のコンセプトに相応しいことではないでしょうか。

オリヒメ等の分身ロボットによって、ハンディキャップがある方々がボランティアとして参加する。もはやテクノロジーの進化によって、これは荒唐無稽なアイディアではありません。

早速私から東京都に政策提案し、必ずや実現にまでこぎつけたいと思います。



オリヒメ開発者の吉藤オリィさん、関係者の皆さま、本日はありがとうございました!残り2日間、頑張ってください。

激戦ですが、当日券あり。入れなくても中の様子を見たり撮影することができますので、ぜひ皆さまも7日(金)までに足を運ばれてはいかがでしょうか。

それでは、また明日。


私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)


twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「テクノロジー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  3. 3

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  4. 4

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  5. 5

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  6. 6

    日産 ゴーン氏側の証拠隠滅警戒

    ロイター

  7. 7

    仏デモ 金持ち優遇は日本と酷似

    田中龍作

  8. 8

    仏暴動 他国が介入した可能性も?

    MONEY VOICE

  9. 9

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  10. 10

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。