記事

帰宅後の顔洗いと着替え、1日1パックの納豆に肺がん予防効果

2/2

食事も見直そう。

「米国立がん研究所とフィンランド国立健康福祉研究所による、フィンランドの2万9,000人の男性喫煙者に対する調査では、20ミリグラムのβ-カロチンのサプリメントを利用した群は、肺がん発症のリスクが上昇しました。栄養摂取は、サプリメントよりも食事を基本に考えたほうがいいかもしれません。しかし、食べるものにも注意が必要です。赤身肉の摂取量が多いと肺がんのリスクが約35%増加し、鶏肉などの摂取量が多いと、リスクが約10%減少するという研究結果もあります」(大西先生)

ある身近な栄養素に肺がん予防の期待が集まっている。

「大豆などに含まれるイソフラボンです。女性ホルモンであるエストロゲンに化学構造が似ているため、植物性エストロゲンとも呼ばれています。これを摂取することで逆に肺がんの発生率を抑えられるのではないかと研究されているのです」(大西先生)

国立がん研究センターでは、45~74歳の男女7万6,000人を、平均11年間も追跡調査した。

「男女別に、イソフラボンの摂取量で4グループに分けました。喫煙者の場合は、イソフラボンの摂取量で肺がんリスクの差異は見られませんでした。しかし、非喫煙男性の場合は、1日平均9ミリグラムとイソフラボン摂取量が最も少ないグループに比べ、平均値48ミリグラムと最も多いグループは、肺がん発生率が57%も低くなりました。

48ミリグラムは納豆に換算して1パック強、もしくは豆腐で160グラムに含まれる量。女性に関してはサンプル数が少ないため明確な結論は出ませんでしたが、同様の傾向があるとみられています」(大西先生)

とはいえ、食べすぎには注意。

「ウエストが10センチ増加すると、肺がんリスクが上がるという研究もあるので、太りすぎには注意です。習慣的な運動が欠かせませんが、排ガスが多い幹線道路などでのウオーキングなどは逆効果なので、やめてください」大西先生)

健康的な生活習慣と、定期的な検診で、肺がんを予防しよう!

あわせて読みたい

「肺がん」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  8. 8

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。