記事

退所相次ぐジャニーズJr. "タッキー新会社"で売出し計画 - 「週刊文春」編集部

 年内でタレント活動から身を引き、来年からジャニー喜多川社長(87)の後継者としてプロデューサー業をスタートさせる滝沢秀明(36)。来年早々にもジャニーズの子会社が設立され、滝沢が事実上のトップに就任する計画が進んでいることが、「週刊文春」の取材でわかった。

【写真】滝沢率いる新会社が売り出す第1弾アーティスト

滝沢プロデューサー ©時事通信社

「週刊文春」の取材によれば、社名は今のところ「ジャニーズ・アイランド」になる予定だという。

 ジャニー氏の知人が明かす。

「この会社が売り出す第1弾のアーティストは『SixTONES』と言われています。同社では、ジャニーズJr.のプロデュースの他、映画監督や脚本家なども育成する養成所を新設し、新しい才能の発掘にも力を入れます。すでに“Jプロジェクト”と呼ばれるジャニー氏直轄のチームが動き出しています」

 事務所関係者が説明する。

「独特の感性を持つジャニー氏のノウハウを可能な限り、滝沢をはじめとした新世代に伝えていくことが新会社の目的です。滝沢には新会社の役員、あるいは養成所の理事長など、重要なポストが用意されるといいます」

 ジャニーズ事務所に新会社設立について尋ねたが、期日までに回答はなかった。

 12月6日(木)発売の「週刊文春」では、ジャニーズの新会社設立計画の他、ジャニーズJr.の7人組ユニット「Love-tune」の一斉退所の理由などを、ジャニー氏への直撃取材などを踏まえて詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月13日号)

あわせて読みたい

「ジャニーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  2. 2

    不倫に甘いテレ朝? 報ステに苦情

    渡邉裕二

  3. 3

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  4. 4

    初デートで8000円の店は妥当か

    東龍

  5. 5

    いずもは「空母」言い換えは不毛

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    日本にまともな戦闘機は作れない

    清谷信一

  7. 7

    HUAWEI巡り各国が米中二者択一に

    飯田香織

  8. 8

    中国企業の排除がPayPayに影響も

    MAG2 NEWS

  9. 9

    宗男氏 河野外相の無回答は賢明

    鈴木宗男

  10. 10

    「料理しない」宣言した米国人嫁

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。