記事

自民党ベテラン議員の議員宿舎“ゴミ騒動” - 「週刊文春」編集部

 都心の一等地にそびえ立つ衆議院議員赤坂宿舎。2007年完成、総工費334億円というこの超高級マンションで今、とんだゴミトラブルが持ち上がっていることが週刊文春の取材でわかった。

【写真】ゴミ騒動が起こった家の玄関前

「数カ月前から宿舎で話題になり始めました。廊下までモノがはみ出している。家だけじゃなく車もすごくて、資料が山積みだって」(赤坂宿舎在住の議員)

 部屋の主は自民党の北村誠吾氏(71)。長崎4区選出、当選7回を重ねる防衛族のベテラン議員だ。氏に電話で取材を申し入れると、「今片付けてるよ! 見に来いよ!」。

北村誠吾氏 ©共同通信社

 赤坂宿舎には、軍手をはめ、首に手ぬぐいをかけた姿で大掃除に励む北村氏の姿があった。部屋の玄関先には段ボールが天井まで山積みにされ、一部廊下にはみ出している。地震が起きたら崩れ、部屋に閉じ込められてしまいそうだ。

 駐車場に停めている氏の愛車、トヨタ・クラウンも荷物の山。助手席と後部座席の天井まで書類が積まれている。「2年分の書類」だという。

「整理ベタでね。部屋も、18年間積み重なったものがはみ出している。だけどぼちぼち整理を始めていますし、良心に恥じることはしていないつもりよ」(北村氏)

“書類は溜めるけど仕事は溜めない”と胸を張る北村氏。大掃除に奮闘する氏の様子と弁明は、12月6日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月13日号)

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  3. 3

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  4. 4

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  5. 5

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  6. 6

    日産 ゴーン氏側の証拠隠滅警戒

    ロイター

  7. 7

    仏デモ 金持ち優遇は日本と酷似

    田中龍作

  8. 8

    仏暴動 他国が介入した可能性も?

    MONEY VOICE

  9. 9

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  10. 10

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。