記事

水道民営化が失敗する本当の理由


水道民営化法案が参議院で可決され成立しました。この法律については、海外において失敗事例が目立っていることから、野党のみならず多くの専門家からも疑問が呈されてきました。しかし、この問題については国会でも感情的なやり取りが目立ち、しっかりとした学術的裏付けのある議論が乏しかったように感じます。(宮崎タケシのブログ https://ameblo.jp/miyazaki-takeshi-gunma/ )

私は先日、群馬県で開かれた「第50回食とみどり、水を守る全国集会」で、拓殖大学の関良基教授の講演を聴き、「なぜ失敗するのか」について経済学の観点からご説明をいただき、「そういうことか!」と目からうろこが落ちる思いでした。そこで、関教授の受け売りになりますが、なるべく分かりやすく「水道民営化が失敗する理由」について解説してみたいと思います。

ちなみに、関教授は、日本を代表する経済学者でノーベル経済学賞候補ともいわれた故・宇沢弘文元東大教授と水に関する共著があります。そのため、関教授のお話しのうち経済学に関する部分は基本的に宇沢先生の考え方に基づくものです。

まず、主流派の経済学においては、世の中には「民営化すると良くなる業種と、悪くなる業種がある」と考えられています。民営化に適さない業種の条件は幾つかあり、そのうちのひとつが「自然独占」です。これは「初期投資が大きくて、規模が大きくなるとコストが下がる」業種のことで、規制をしなくても自然に独占状態になってしまいます。

このような業種では、新規参入には多額の初期投資が必要で、しかもコスト面で不利な競争を強いられます。ですから、新規参入が困難で、独占になってしまうのです。水道事業もこれに当てはまります。独占になると競争原理が働かず、値上げし放題なので、「公営による非効率より、民営化で独占利潤の発生によるデメリットの方が大きい」ということになります。

また、「生活必需性が高く、価格弾力性が低い」場合も民営化すべきではない、とも考えられています。平たく言うと、「生活必需品だから買い控えできないため、値上がりしても買うしかない。そのため、企業に任せておくとどんどん値上がりしてしまう」ということです。

タバコのような嗜好品や、娯楽のための物品・サービスなら「高いからやめよう」「減らそう」となりますが、水はそうはいきません。多少は減らせても、水を飲まない、手を洗わない、風呂に入らない、洗濯しない…というわけにはいかないからです。高い水を買い続けるしかありません。公的な規制を行わなければ、どんどん値上がりしてしまうのです。

実際、ロンドンでは民営化の結果、一般物価が1・3倍になった時点で水道料金は2倍に跳ね上がっています。その後、ブレア政権の介入で一旦値下げされたものの再び上昇が始まり、一般物価が2倍になったとき水道料金は3倍になってしまいました。さまざまなチェック制度が設けられていたのですが、それでも止まらなかったのです。

水道民営化を解禁するのは「水道利用者が減って水道事業の経営が苦しくなる中で、老朽管など設備の更新を行うには、効率化が必要だ」という考え方によるそうです。これに対し、関教授は「国交省は将来も水需要はどんどん伸びると主張してダム建設を続けているのに、厚労省は水需要が減るから民営化が必要だと言う。一体、どちらが本当なのか」と苦言を呈しています。

水道民営化法は成立しましたが、民営化するかどうかの判断は各自治体が行うことがなります。あわてて「流行り物」に飛びつくことなく、慎重にメリット・デメリットを比較して判断するよう望みます。



あわせて読みたい

「水道民営化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  3. 3

    沖縄の民意無視 土砂投入に怒り

    五十嵐仁

  4. 4

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  5. 5

    富裕層の贈り物はなぜ気が利くか

    内藤忍

  6. 6

    パリ暴動 マクロン氏の冷酷措置

    田中龍作

  7. 7

    HUAWEI排除「通信は安全」幻想に

    S-MAX

  8. 8

    消費税 クレカ還元は金持ち優遇

    舛添要一

  9. 9

    賃金上昇せず 増税で景気後退か

    MONEY VOICE

  10. 10

    前原氏 バラバラ野党の現状謝罪

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。