記事

ゴリラに「ずる」の能力、英実験チームが発見


[ブリストル(英国) 4日 ロイター] - 英ブリストル大学とブリストル動物学会のゴリラ実験プロジェクトで開発されたゲーム装置で、動物園ブリストル・ズー・ガーデンズのゴリラが「ずる」をする行動が確認された。

この装置は壁に取り付けられたもので、障害物をクリアして棒で穴をつつくと中のピーナツが動いて装置の下部に落ち、外にこぼれ出る仕掛け。

ズー・ガーデンズのフェイ・クラーク博士はロイターに、「われわれが本来想定した装置の使い方と異なり、唇をつけてピーナツを吸い取る『ずる』の行動が多数見られる。これは、ゴリラたちがきわめて柔軟で、餌に到達する新しい解決策を見つける能力を持つことを示している。ゴリラたちは、おそらくこれまでに目撃されたことのない、素晴らしい問題解決能力を持っている」と述べた。

今年に入ってこの装置の原型が導入されると、多数の西ローランドゴリラの間で大人気となり、ピーナツがなくなっても再三ゲームで遊ぶようになった。

今後は、飼育係がゴリラの心身の状態を把握する助けとなるような進化版の開発に照準を合わせているという。

あわせて読みたい

「動物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  3. 3

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  5. 5

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  6. 6

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  8. 8

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  9. 9

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。