記事

書評「NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く」

1/2

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く [単行本(ソフトカバー)]
パティ・マッコード
光文社
2018-08-17




1億3千万人の契約者数を誇るオンライン配信業の雄、ネットフリックス。本年度のエミー賞でも112作品がノミネートされるなど、オリジナルコンテンツの評価もすこぶる高い。

同社躍進の原動力となった人事制度について、元最高人事責任者が詳細に解説したのが本書である。

なかなか衝撃的な内容で、本人も言うように「既存の人事の常識を根底からひっくり返す」システムと言っていい。
ネットフリックスで私たちが開発した新しい人材管理手法をこれから紹介するが、まずは今日の人材管理の大前提に異議を唱えたい。すなわち、従業員の忠誠心を高め、会社につなぎ留め、キャリアを伸ばし、やる気と満足度を上げるための制度を導入することが、人材管理の仕事だとする考えである。そのすべてがまちがっている。
(序章 「新しい働き方 自由と責任の文化を育む」より)

では同社の人事制度の理念とは何か。それは経営陣以下、全従業員に徹底させている以下の規範にあらわれている。

・マネージャーはチームと会社のミッション、課題を、チームメンバーにはっきりと継続的に伝える
・徹底的に正直になる。同僚や上司に加え、経営陣に対しても面と向かってありのままを伝える
・事実に基づくしっかりした意見を持ち、徹底的に議論し検証する
・自分の正しさを証明するためではなく、顧客と会社を第一に考えて行動する
・採用権を持つマネージャーは、チームが将来成功できるように、適正なスキルを備えたハイパフォーマーをすべてのポストに確実に配属する


個人が主体的に動くことが大前提だから、以下のような「20世紀型人事制度の遺物」は廃止したという。

・有給休暇制度
・人事考課制度(賞与のたびに目標管理の評価をつける例のヤツ)
・給与規定(実績や査定成績を加味して「〇年目で600万円プラスマイナス100万円」といった給与の基準)

あわせて読みたい

「Netflix」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  3. 3

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  6. 6

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

  7. 7

    米雇用 予想覆す250万人増に衝撃

    鎌田 傳

  8. 8

    「ドラゴン桜2」延期報道のワケ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  10. 10

    雅子さまが令和の皇后像を築くか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。