記事

静かに立ち上がる都議会本会議…。「一極集中是正」のためにやるべきことは、むしろ分権改革だ

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日は都議会第四回定例会の開会日。恒例の知事所信表明演説は、ヤジも合いの手もほとんど飛ばない極めて静かな立ち上がりとなりました。

なんだか、ここまで静かすぎると不安になるくらいですな…。

ツッコミどころかないくらい、いわば「無難な内容」に所信表明をまとめてきた小池知事ですが、特に強調していたのがまもなく結論が出るであろう偏在是正措置への反対姿勢。

このくだりで特に声が上がらなかったあたり、やはり都議会自民党と融和路線か?と思いきや、

一方で、東京都の公式アカウントが(国政)自民党のことを名指しでディスっていたりするので、何がなんだかよくわかりません(苦笑)。

豊洲市場開場には触れたものの、争点となりそうな「築地再開発」についての言及は一切なし。これは今定例会では、何を聞かれても「検討中」で逃げの一手を打つ姿勢を表したものな気がします。

注目の代表質問・一般質問の論戦は11日・12日に行われます。我が新会派からもやながせ幹事長が登壇しますので、ご注目いただければ幸いです。

さて、その「東京一極集中」の是正については税の再分配の他にも、来年からこんな政策が実施されるようです…。

東京23区から地方移住し起業、300万円補助
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00050058-yom-bus_all

東京23区に住んでいる人に対して、地方に移住して起業すると300万円あげるという施策で人工誘導・企業誘致をしようとするパワープレイです。

私が東京一極集中是認論者であることを差し引いても、極めて拙速でナンセンスな政策のように思えてなりません。

そもそも、現行の中央集権体制化では地方が疲弊を続けていくのは明らかであって、またも中央政府主導による小手先のカンフル剤でお金をばらまいたところで、まったく抜本的な解決にはなりません。

昨日の落合陽一さんの授業でもこの点が議論になりましたが、地方に権限・財源を大胆に移譲し、それぞれの地方が独自色を発揮して「稼げる」「自活できる」地域にすることが最優先

そうした改革を先送りにして、反対者が出ないバラまき政策で人や企業を送り込んだところで、焼け石に水となるだけでしょう。

こうした地方分権改革の大きな流れをつくる文脈として、私は相変わらず「もっとも大きな地方」である、大阪の改革に期待を続けています。

税の偏在是正の結論が出るまであと10日ほどになりますが、引き続き最後まで声をあげていく次第です。

それでは、また明日。

「あたらしい党 結党大会」参加者募集中!お申込みはこちらから


私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)


twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「地方分権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  3. 3

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  4. 4

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  5. 5

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  6. 6

    日産 ゴーン氏側の証拠隠滅警戒

    ロイター

  7. 7

    仏デモ 金持ち優遇は日本と酷似

    田中龍作

  8. 8

    仏暴動 他国が介入した可能性も?

    MONEY VOICE

  9. 9

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  10. 10

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。