記事

大企業がSDGsに力をいれる本当の理由

1/2

◼️高まるSDGsの機運

最近日本でも少しずつ浸透してきたSDGs。
日本で一番SDGsの講演をしているのは、私じゃないかというぐらい企業研修や出張授業で全国を駆け巡っています。


そして依頼の数が日に日に増え、私一人じゃ周りきれないぐらいお話をありがたいことに たくさんいただいております。
特に大企業からの声が多く、注目度の高さを実感しています。

そしてSDGsババ抜きカードゲームも口コミでかなり拡散されています。
ありがたいです。


こちらのサイトからSDGsババ抜きカードゲームご購入いただけます。
https://shouka.thebase.in/

◼️SDGsとは何か。

なぜ、大企業は、SDGsに力を入れ始めているのでしょうか?
お笑いの事務所、よしもとが国連に行ったり、味の素が本気でガーナの栄養改善に取り組んだり、トヨタが特設サイトを開設したり……。

今、企業はSDGsに色めき立っています。
SDGsとは、国連が定めた世界を変える17個の目標のことです。


◼️大企業がSDGsに力を入れる理由。

今までの国際協力の文脈と違うのは、国家やNPO・NGOのみならず「企業を巻き込んでいる」という点だと思います。
日本の企業ではCSRのみならず、経営、人事などが取り組んでおり中には管理職全員にSDGs研修を受けさせるほどの会社もあります。

大企業がSDGsに力をいれる本当の理由。 
それは、儲かるからです。

SDGsを会社として取り組んでいないと信頼を失って利益が下がります。
SDGsが世界の常識になったことを考えて下さい。
SDGsに取り組んでいない会社と契約はやめようという発想にならないでしょうか。

そう考えたときに、将来的に取引ができなくなってしまうことを危惧すると今からSDGsに取り組もうという考えになっているのです。

◼️SDGsに本気で取り組まないのはリスクなのか。 

それをいち早く感じているのは、商社、自動車メーカーなど海外に敏感な企業です。
住友商事やトヨタなどは、SDGsの文脈で日本の他企業より何歩も先にいっている気がします。
その理由は後ほど説明します。

企業がSDGsをやらないとリスクと感じている面が強いのですが、なぜ、企業が社会的責任を果たさないと損をするか分かる例をご紹介します。

1990年代後半、ナイキがベトナムの工場で児童労働をしていたのが発覚しました。
そこでNGOが「ナイキの商品を買うな!」と不買運動を起こした結果、アメリカでの売り上げが1年で7割も減少しました。
1年で7割ってすごい数字です。

企業の事業活動が、人権、環境、労働においてどの程度配慮しているのか、それが消費にまで左右されるまで市民社会が成熟していると思うんです。
バレなきゃいいのスタンスではなく、積極的にやっているのか、それが見せかけじゃないかまで問われる時代が次にやってくると思います。


このように企業は、顧客、従業員、取引先、地域をはじめ、さまざまなステークホルダーからの評価を勝ち取るためにも、SDGsはじめ、社会貢献に取り組んでいくと思います。
その本質を分からず、やったふりをする企業が現にたくさんある ことには非常に残念に思いますし、何年後かに損をするなと私は見ています。

◼️あなたの活動は「SDGsウオッシュ」になっていないか。

SDGsをやっている感は、割とすぐに出せます。
「うちの会社は食べ物を販売してるから、貧困をなくそうに貢献してるな!1番のマークをHPに貼り付けよう!」


これは、SDGsに対応しているように“見せかけてる”だけです。
このように、企業がSDGsに本気で取り組む気はないのに、消費者などへの訴求効果を狙って、あたかもSDGsに配慮しているかのように見せかける事例があります。

消費者は、バカではありません。
SDGsをやっているという報告を上司にできるかもしれませんがそれが、あなたの会社のブランド価値を高めることはないでしょう。

会社のファンにはなってくれません。
結局やったけど、儲からないなぁということになってしまいます。

よくSDGsを会社でどうやって推進させるべきかの相談を受けるのですが、経営とか企画とかの方には本気でやらないとダメですとCSRの方には経営とか、社員一人一人の意識を変えて会社として必要だと思わせないとダメだというお話をさせていただきます。

あわせて読みたい

「国連」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への制裁発動の機は熟した

    門田隆将

  2. 2

    再生は無理? 東芝消滅への秒読み

    新潮社フォーサイト

  3. 3

    高須院長 韓国切り捨てる決断を

    NEWSポストセブン

  4. 4

    反韓・反日は両国ジジババの争い

    永江一石

  5. 5

    韓国が日本への配慮を失った背景

    WEDGE Infinity

  6. 6

    小室さんのNY司法試験 74%が合格

    NEWSポストセブン

  7. 7

    IS戦闘員の国籍剥奪した英は傲慢

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  8. 8

    田畑氏告訴で考える性交渉の同意

    AbemaTIMES

  9. 9

    精神科医がゲーム障害に抱く懸念

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    石破氏 低姿勢薄れた国会に嘆き

    石破茂

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。