記事

自動車関税のタイミングは交渉次第=米商務長官

[ワシントン 4日 ロイター] - ロス米商務長官は4日、自動車メーカーに対する関税の目的は米国内における自動車生産の拡大を推し進めることであり、関税のタイミングは現在進めている交渉の成果次第との見方を示した。

ロス長官はCNBCとのインタビューで「自動車や自動車部品における貿易赤字と対中貿易赤字が修正されない限り、目的達成にならない」と指摘。「これら全てのタイミングは、交渉で何が起きるかによって大きく左右されるだろう」とした上で、「状況は非常に複雑だが、われわれは非常に慎重かつ秩序だったペースで進めている」と述べた。

欧州の自動車に25%の関税を課すかどうかの商務省の分析に関する質問には、調査報告書が通常のレビューを受けていると答えた。

ロス長官はまた、米国内で多くの電気自動車の生産を維持することが重要だと語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。