記事

元マラソン女王・原裕美子さん クレプトマニア(窃盗症)の1例 やはりまだ理解は難しい

元マラソンランナー原さんの会見が話題になっています。スポーツによる指導法の問題も原因の一つでしたが、ストレス障害の難しい問題がそこに表れています。原さんは本日様々なテレビ番組にも出ていました。(この記事がリンク先のインタビュー含めて詳しいです。裁判含む新聞記事としては4月のこちら。)

摂食障害からのクレプトマニア(窃盗症)。ご本人の話したくない過去を皆さんに話し、それをメディアが報道することで、病気に対する理解を深めよう、そして自分のようなある意味被害者をこれ以上出さないようにしようという方法はとても好感が持てます。それでもこの状況を病気と認めることが一般の人はかなり難しい、いや医療者でも専門家でなければ難しいと思います。

それこそあのシャブ山シャブ子の時もそうでしたが、

「刑罰よりも治療を!」
という流れには残念ながらなかなかなりません。

ストレスに対する耐性は人によって違います。ある人間は大丈夫でもある人間では全くダメ。助ける人がいた時は大丈夫だけど、いなくなったらダメ。本当何万通りのパターンがあるのです。

精神的ストレスはいつしか体の症状を生み、その体の症状の悪化がさらなる精神的不安定を引き起こします。その症状をよくするためにはどうやることが一番いいのか。それこそ専門家でも別れています。以前の記事です。

病気と認め刑罰を行わないこと、専門家がしっかり治療すること、その体制を作り上げる必要があるのでしょうが、そこまで専門家が多くないこと、診療体制がどうしても出来上がってないこと、それこそ病気と完全には認められていないこと(精神科に紹介しても精神科疾患ではありませんと戻ってくることもまだ地域によってはある)が今の状況を作っているのだと思います。それでも今回の原さんの告白は一つのきっかけにはなっていると感じます。

医療が余裕を持てるようにならないとこの心療内科領域の対応は難しいですが。

あわせて読みたい

「精神病」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。