記事

JAL副操縦士の酩酊事件にみる「生活者視点」

1/2

11月30日、英国の裁判所は、乗務前の過剰飲酒により10月にロンドン・ヒースロー空港で逮捕・拘束された日本航空(JAL)の副操縦士に対し、禁錮10カ月の実刑判決を言い渡しました。

今日はこの「JAL副操縦士・飲酒事件」をケースとして、現代におけるインフラの安全マネジメントやコンプライアンス強化について考えてみたいと思います。

まず同事件の顛末について振り返っておきましょう。副操縦士は乗務前日に、ホテルのラウンジや自室で大量に飲酒し、赤とロゼのワインを各1本、瓶ビール3本、缶ビール2本を空けた。乗務直前になっても酩酊状態だった。

乗務前に実施された社内のアルコール呼気検査は、検知器に息を雑に吹きかけるなどの不正をしてすり抜けたものの、ホテルからJALの現地事務所に向かう送迎バスの運転手が、アルコールの臭いに気付き、保安担当者にその旨を伝達し、警察に通報。警察があらためて検査したところ、英国の法令で定められた基準値の約9倍のアルコール値が検出された――というものですよね。

現代の航空機は、気象や空港設備などの条件が整っていれば、離陸時を除くほぼすべての操縦をオートパイロット(自動操縦)機能によって行うことができるといわれます。とはいえ、操縦士の役割がゼロになったわけではありません。

例えば、オートパイロットが正常に機能しているかどうか、絶えずチェックしておかねばなりませんし、交通管制とコミュニケーションを取りながら、安全かつ安定的な運航を確保しなければいけない。

酩酊状態でいいはずがありませんよね。何よりも数百人の乗客の生命を預かっているわけですから、飲酒運転などもってのほか。副操縦士に対して厳しい処分が下されたのは至極当然でしょう。

裁判官は「非常に長距離のあのフライトで最も大事なのは、乗っている人全員の安全だ。あなたの酩酊によってその安全が、危険にさらされた」「あなたがあの飛行機を操縦していたらと思うと、あまりに恐ろしい。乗っていた人たちに壊滅的な結果をもたらす可能性もあった」と述べました。副操縦士にはプロ意識が欠如しているというほかなく、情状酌量の余地などありません。

あわせて読みたい

「JAL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  3. 3

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  4. 4

    北欧の教育を崇める日本に警鐘

    BLOGOS編集部

  5. 5

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  6. 6

    自称リアリストのうぬぼれに怒り

    内田樹

  7. 7

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

  9. 9

    闇営業報道は反社の証拠買ったか

    AbemaTIMES

  10. 10

    宮迫の弁解に「往生際が悪すぎ」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。