記事

M-1グランプリの審査炎上に鈴木おさむ「"印象に残る"ってすごい」「自分の色を出して審査する方が大変」

12月2日に放送された『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日)について、ネット上では、タレントの上沼恵美子さんや落語家の立川志らくさんの審査に賛否の声が寄せられている。これに対して放送作家の鈴木おさむさんは翌3日、自身のブログでM-1の審査に言及した。

「昨日のM1。審査員に対して、炎上したとか、色々言ってる人がいますが。結局ね、『引っかかる』ってすごいことなんですよ。印象に残る。印象に残るってすごいことで。無難にやるのは簡単だけど、自分の色を出して審査する方が大変で」

「熱い気持ちにさせてもらってありがたいですね。おもしろかったです」

画像は公式ブログをキャプチャ

続けて「だからね。審査まで含めてテレビですから。結局、あそこまで含めてすごいショーだなって思うんですよ」とコメント。同番組については「いやー、熱い気持ちにさせてもらってありがたいですね。おもしろかったです」と絶賛している。

M-1の審査では、上沼さんは「大ファン」という「ミキ」に100点中98点を付け、「ジャルジャル」には「ファンですがネタは嫌い」と88点を付けた。ネットではこの採点に「自分の好みで点数を付けている」という声が相次ぎ、物議を醸している。

志らくさんはジャルジャルに「ひとつも笑えなかったが面白かった」と、99点を付けた。後に志らくさんはツイッターで「最高の褒め言葉」と弁解していた。

また、今回7位で敗退したスーパーマラドーナの武智正剛さんが同番組放送後に配信したインスタライブでは、動画に出演した昨年優勝者のトロサーモン久保田かずのぶさんが、泥酔した状態で、

「自分だけの感情だけで審査せんといてください」

「お笑いマニアの人には分かる。お前だよ、右側の」

など上沼さんを批判するコメントを行ったと各紙が報じている。動画は現在削除済みだが、久保田さんは4日、自身のツイッターで上沼さんに対する謝罪文を掲載した。

審査員のジャッジなどで度々話題になるM-1。今年は特に大きく荒れたためか鈴木さんはブログで「M1見た人。どんな印象を受けましたか?どう思いましたか?教えてください」と呼びかけていた。

あわせて読みたい

「漫才」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  3. 3

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  4. 4

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  9. 9

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

  10. 10

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。