記事

私を「何者」かにしてくれるのは非効率なしがらみかもしれない

1/3
写真AC

先日、たまたま仕事で訪れた郊外の町で、地域振興のための小さなお祭りが行われていました。町の人によるほのぼのとしたステージのほかに、焼きそばや綿菓子など露店も立ち並び、にぎやかな雰囲気。せっかくなので家に帰る前に少しだけ立ち寄ることにしました。

子どもの頃はこういう地域のお祭りのしみったれた空気が大嫌いだったんですが、大人になり東京に出てきて、大好きになりました。地域のお祭りの何がいいって、普段なら許されないような場所で堂々とビールを飲めるし、ビールを買って、地域の人に「ありがとうございます」とお礼されたりするところが、いいな、と思います。町が一時的にゆるくなる感じにほっとします。

その日も例によって、とりあえずビール。ついでに、美味しそうな香りに誘われて焼きそばも買うことにしました。テントの下の大きな鉄板の上では、町の人たちによって大量の焼きそばが焼かれています。

「田中さん、もう次の麺、開けていい?」
「まだダメ、こっち寄せてから。あ〜◯◯さんそれはまだ触っちゃダメだってば〜」
「田中さん、油これくらい?」
「あ〜あ、プールみたいにじゃぶじゃぶにしちゃったのね〜」

その場ではどうも、田中さんと呼ばれる年配の女性が司令塔となっているようでした。みんなが田中さんを頼り、期待に応えて田中さんが指示を出す。田中さんはおそらく、何年もこの町のこのお祭りで焼きそばを焼き続けてきたプロなのでしょう、手慣れているし、指示の出し方には隠そうにも隠しきれない熟練者たるプライドが滲み出ます。つまり、毎度毎度、どうにも余計な嫌味が加味されるのです。

自分の持っている知識や技術の価値をできうる限り最大化し、相手を圧倒してやろうといわんばかりの極上の嫌味。…いやさすがにこれは少し言い過ぎかもしれませんが、焼きそば作りのプロ、嫌味を言わせてもプロといった田中さんの貫禄には、目を見張るものがありました。

お金を渡して焼きそばパックを受け取る、その一瞬のうちに垣間見られたやりとりだけで“めんどくさそう!”と、つい笑い出しそうになってしまうほど。

あわせて読みたい

「労働生産性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  6. 6

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  7. 7

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  8. 8

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    女性皇族認めない承継儀式に疑問

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。