記事

霜降り明星は? M-1王者が全国区で活躍できるか否かの分岐点

【霜降り明星は全国区のスターになれるか?(M-1グランプリHPより)】

 12月2日に放映された漫才師日本一を決定する『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)は、関東地区の平均視聴率は17.8%、関西地区では28.2%の高視聴率を記録。優勝を果たしたのは、「霜降り明星」だった。ボケ担当のせいや(26)とツッコミ担当の粗品(25)という平成生まれの2人が、平成最後のM-1王者となったのだ。

 関西ではすでに人気が高まっていた霜降り明星だが、来年以降、全国区で活躍できるかどうかはこれからの動きに左右される。M-1王者になったとはいえ、それだけでスター街道をひた走れるほど甘くはない。

 テレビ局で番組制作にかかわるスタッフ・Aさんは、近年のM-1王者のテレビでのポジションについてこのように語る。

「過去にチャンピオンとなり、今ではテレビに欠かせない存在となったのが『チュートリアル』(2006年優勝)、『フットボールアワー』(2003年優勝)。ほかにも『アンタッチャブル』(2004年優勝)や『NON STYLE』(2008年優勝)、『サンドウィッチマン』(2007年優勝)、『ブラックマヨネーズ』(2005年優勝)も安定したポジションを獲得しています。

 しかし、関西はともかく、関東圏でのテレビ露出がそこまで多くないコンビもいる。『パンクブーブー』(2009年優勝)や『笑い飯』(2010年優勝)などは、劇場では人気を博していますが、やはり関東圏での露出はいまひとつ。『銀シャリ』(2016年優勝)は関西で培ったロケの実力を生かしてコンスタントに仕事を得ているものの、“ロケ芸人”としての地位に甘んじている印象です。漫才もトークも高い実力があるだけに関東での人気バラエティを席巻するほどの爆発力がないところが残念です」

 一方で、M-1で優勝できなくても活躍中のコンビは少なくない。

「2015年に決勝7位だった『メイプル超合金』は今やバラエティ番組の常連ですし、ここ数年、敗者復活戦止まりの『三四郎』も同様です。テレビ露出が増えるかどうかとM-1での実績はかならずしも一致しないということですね」(同前)

 お笑い芸人がバラエティ番組で活躍できるかどうかのポイントはどこにあるのか。別のテレビ局ディレクター・Bさんが語る。

「テレビ的に言うと、最初に使いたいのは“回す”ことができる芸人です。そしてもうひとつは、ひな壇で存在感を放つことができるタイプ。昨今、ネタ番組があまりないなか、このどちらかにポジションを得ることができなければ、バラエティで起用するのは難しい。ただ、前者はすでに40代以上の芸人が占有している状況なので新規参入はのハードルは高い。上が詰まっているというやつですね」

 そうしたバラエティ界の状況を踏まえると、今回優勝した霜降り明星はどうか。

「彼らが全国区のバラエティで活躍するには、まずはひな壇で爪痕を残すことが大事。せいやの場合は、バイトでの失敗談、“生きるのが下手”なエピソードなど、盛り上げられる持ちネタもありますが、ネタ切れしてしまわないか心配。カラダを張ってどんどんチャレンジするのが良いと思う。じつは頭脳派な側面もあるので、見せていって欲しいですね。

 粗品は頭が切れるうえに、コミュニケーション能力が高いので、将来的にはワイドショーなどでの起用もおもしろい。あるいは、好青年に見えて大のギャンブル好き、イケメンなのに“童貞キャラ”というギャップで売ることもできる。クラシック音楽にも詳しいので、音楽番組でもキャスティングできそうです。

 作り手側からすると、スベることを恐れずとにかくしゃべって欲しいし、なんであれ居た方が面白いという印象が生まれると起用しやすい。あとは、どんなジャンルでも対応できる、コメントしてくれそう、という安心感があるとなおいいですね。

 霜降り明星は何より若さとセンスがあるので、その初々しさは視聴者にポジティブに映るはずです。新しい世代の笑いを僕ら業界人も求めている。新陳代謝が欲しいんです。漫才日本一の次には、テレビ界のスターに上り詰めて欲しいと期待しています」(同前)

 M-1王者になることは、スターへの切符を手にしたにすぎない。テレビ業界の荒波に揉まれ、そのなかで息長く活躍するには、強い精神力と体力が必要だろう。霜降り明星が今後のお笑い界に新しい波を起こす震源地になれるかどうか、注目したい。

あわせて読みたい

「M-1グランプリ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  4. 4

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  5. 5

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  6. 6

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  7. 7

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  8. 8

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

  9. 9

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  10. 10

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。