記事

自己責任論の蔓延、「集団と違う者」を排除する日本人の特徴

【「自己責任論は現代の病」と指摘する内田樹さん】

【ノンフィクション作家の森達也さん(共同通信社)】

 内戦下のシリアで、武装勢力に拘束されたジャーナリストの安田純平さん(44才)が10月末、約3年4か月ぶりに解放されて帰国した。しかし、安田さんに対して日本社会の反応は微妙なものだった。自己責任論が巻き起こったのである。

「自己責任論は現代の病です」

 と指摘するのは、思想家の内田樹さんだ。

「戦後の貧しい時代は、相互に支援し合わなければ、地域共同体は維持できなかった。そんな時代には『自己責任』なんて誰も言いませんでした。高度経済成長を経てバブルの時代になると、人々は金儲けに熱しましたが、その余沢で隣人が何をしてても『好きにしたら』という感じで、放っておいてくれました。

 ところがバブルが崩壊し、パイが縮み始めると、分配の仕方にうるさく口を出す人が増えてきた。社会の役に立つことをしていない人間が孤立して分配にあやかれないのは『自己責任だ。支援する義理はない』と突き放すことが普通になったのです」

 自己責任を主張する人々に対して、内田さんはこう主張する。

「近代市民社会は、私人が自分の私財や私権を譲って、『公共』に差し出して、貧しい人、非力な人を支えるための資源に当てることで成立したものです。学校教育や医療、福祉などの原資は余裕のある人が差し出した『身銭』です。金持ちや権力者が自分の資産も権力も全部わが物であって、弱者と分かち合う義務がないと言い出したら、近代市民社会そのものが終わってしまう。『自己責任』で突っぱねたら、いずれ彼らの私財や私権の土台である共同体そのものが瓦解してしまうことを理解していません」

 生きている限り、勤め先が突然倒産したり、急病を患ったり、重い障害を背負うリスクは誰だって避けられません。そんな時、誰でも自尊感情を維持して、健康で文化的な生活を営める仕組みをどう作るか、それに近代市民社会は知恵を絞ってきました。

『自己責任論』はその知的努力を放棄する思考停止に過ぎません。『自己責任論』を語る人たちは自分自身が路頭に迷う日が来るかもしれないということについて、あまりにも想像力を欠いています…内田さんはそう言う。

 今年7月、タイの洞窟に地元サッカーチームの少年とコーチ13人が閉じ込められ、17日後に無事救出された。その後、少年らがにこやかに開いた会見を見た映画監督でノンフィクション作家の森達也さんは、このようなツイートをして物議を醸した。

《これがもしも日本なら、「自己責任をどのように考えるのか」「亡くなったダイバーの遺族に謝罪はないのか」(中略)などの質問がきっと浴びせられるのだろうな》

 この思いは今も変わらないと森さんは言う。

「タイではみんな笑顔になって『帰ってきてよかったね』と言って一件落着ですが、同じことが日本で起きたら、すさまじいバッシングとなるはずです」

◆ネットの匿名性+日本独自の集団主義

 なぜ日本ではバッシングされるのか。森さんは、「集団と違うことをする者を排除する」という日本人の特徴を指摘する。

「日本では昔から“空気を読む”ことが大事にされて多様性を認めず、不謹慎だったり足並みをそろえない者は許されません。安田さんも“渡航自粛の指示に背いた(場の空気を乱した)”からひどく叩かれたわけで、自己責任は“後づけの理由”だと、ぼくは思います。しかも残念なことに、最近はネットの匿名性が日本独自の集団主義と結びつき、犯罪被害者や生活保護受給者といった弱者へのバッシングが加速しています」

 こうした傾向は現在、世界中でも徐々に強まりつつあるという。

「先行きが不透明で不安と恐怖が蔓延する時代になり、“異質な者を排除して同質同士でまとまろう”という動きが世界中で出ています。そこでは善か悪か、右か左かという極端な二元論で敵と味方が二分される。この時、同質な者をまとめて敵と対抗するのに必要なのが独裁的なリーダーシップであり、アメリカのトランプ大統領や安倍首相が支持されるのはそうした理由からだと思います」(森さん)

 一方で、生きていくうえでは、自己責任をすべて否定できるわけでもない。

「自由な行動には責任が伴います」

 と語るのは、これまで4回にわたって北極圏を旅してきたノンフィクション作家で探検家の角幡唯介さんだ。

「例えば、北極を冒険していて外部と連絡を取れない状況では、自分で判断して次の行動を決定します。その時もしも判断を誤ったら、ぼくは死ぬかもしれません。自分の判断の責任を自分が取るという意味では、自己責任論は筋が通っています」

 ただ、角幡さんも日本人の「横並び主義」を実感する。

「日本人は、集団の論理に反する異分子に生理的嫌悪感を抱くところがある。多くの人は集団の中でさまざまなことをがまんして、大きなストレスを抱えながら生活しているので、好きなことをやっている人に対して、“好きなことで失敗したなら死んで責任取れよ”と思う。それがバッシングとして噴出するのでしょう」

 一方で中学1年男女が2015年に大阪府寝屋川市で連れ去られ、遺体で発見された事件や、2017年の座間9遺体事件のような凶悪犯罪や、レイプなどの性犯罪は後を絶たない。危険地域に赴くジャーナリストや冒険家が万全の準備をするように、一般人も日常生活においてリスクを避ける心がけが必要になる。前出の内田さんが語る。

「加害者が悪いのはもちろんですが、ぼくたち自身が身を守ることについて、真剣になる必要がある。原則として、武道では『座を見る 機を見る』という言い方をしますが、大切なのは、いるべき時に、いるべき場所にいて、なすべきことをなすことです。用事のない場所に長居したり、しなくてもいいことをするリスクをもう少し恐れた方がいい」

※女性セブン2018年12月13日号

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  8. 8

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  9. 9

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。