記事

独自動車3社幹部、NEC委員長ら米政府高官と4日会合=関係筋


[ワシントン 3日 ロイター] - ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>とダイムラー<DAIGn.DE>の首脳が4日、米ホワイトハウスで、トランプ政権の高官と会合すると関係筋が明らかにした。

BMW<BMWG.DE>からは最高財務責任者(CFO)が出席する見通しで、カドロー米国家経済会議(NEC)委員長やロス商務長官、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表らとの協議に臨む。

トランプ大統領は欧州からの輸入車に新たに関税を課す可能性について警告しているが、米政府当局者はこの日、近く輸入車に関税を導入することは見込まれていないと述べた。

カドロー氏は3日、記者団に、独自動車大手の幹部らとは個別に会談すると説明。「各社が米国への直接投資を継続し、北米産の部品を使い、米国でエンジンを生産することへのわれわれの期待を含む多くの議題」について話し合う見通しだとした。

欧州連合(EU)の通商交渉は欧州委員会が担当しているが、トランプ政権は独自動車メーカーの幹部らをホワイトハウスに招いた。事情に詳しい関係者はロイターに、幹部らは自動車関税回避を訴える欧州委の主張に言及するとともに、独自動車メーカーの米拠点からの輸出は輸入を上回っているため、重要度が高いと説明する見通しだと明かした。

カドロー氏は「この会合やその他すべてが、現時点で自動車関税に向かって動いているというわけではない」との見解を示した。

ロイターは11月に、米商務省が自動車と部品の輸入に国家安全保障上の理由で最大25%の関税を課すかどうかの調査に基づく勧告案をホワイトハウスに提出したと報じていた。

米政府当局者は3日、商務省の最終的な調査報告書は少なくとも数週間は提出されない見込みだと述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  8. 8

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。