記事

暴徒化抗議デモ「黄色いベスト運動」でマクロン政権「危機直面」 - 渡邊啓貴

1/2
[画像をブログで見る]

【パリ発】 12月2日朝、エマニュエル・マクロン大統領は、主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開催されていたアルゼンチンのブエノスアイレスから急遽帰国、そのまま凱旋門広場を訪問した。凱旋門広場はシャンゼリゼ通りを上りきった広場で、無名戦士の墓があり、国民的記念日には追悼の炎がともされる。

 その前日の土曜日(1日)、パリで「黄色いベスト運動」の抗議運動が暴徒化し、シャンゼリゼ付近を中心に警察・治安部隊と衝突したからである。店舗や銀行の玄関、ガラスが割られ、凱旋門にも落書きがされ、信号機や街灯が破壊され、たくさんの自動車が路上で放火され炎上した。略奪も起きたという。680人以上が拘束され、260人以上が負傷、そのうち20人以上が治安当局の負傷者だった。南仏ではデモの巻き込まれた死者が出ており、この抗議運動が始まったから3人目の犠牲者となった。治安部隊はこの日4000人動員された。たまたま出張でパリに滞在していた筆者も、この光景を眼前にして衝撃を受けた。

 軽油・ガソリン燃料費値上げや燃料税の引き上げに抗議するため、蛍光色の安全ベストを着た市民らによる「黄色いベスト運動」のデモは、11月以来3回目だ。最初の11月初旬のデモでは全国で40万人が参加した。先週末のデモは16万6000人、今回は13万6000人で最も動員数は少ないが、もっとも激しい抗議行動となった。

 土曜日のデモは暴徒の大団円となった。シャンゼリゼと凱旋門付近で暴徒の蛮行が吹き荒れた。高級住宅街として知られるクレベール通りでは特に被害が大きく、無関係の住宅での火災も発生し、治安当局は投石や暴力をふるうデモ隊に防戦を強いられた。美術館では作品が破壊され、みやげ物店などでは盗難も多発した。

 ミシェル・デルぺッシュ・パリ警視庁長官は、「予想外の大きな暴力沙汰だ。この数十年来ない規模」、と事態の深刻さを吐露した。マクロン大統領は「暴力は絶対に受け入れられない」「暴力犯罪者たちはカオスを望んでいるのだ」と激しい口調で述べた。

 エドゥアール・フィリップ首相はポーランドでの「気候変動枠組条約締約国会議(COP)」の会合をキャンセル、マクロン大統領とともに週末はパリにいることを印象付けた。国家の一大事に国家元首が不在にすることは事態の深刻さを認識していないことを印象付ける。ともかくそれは回避した形だ。

 かつて1968年「5月革命」とも言われた青年・学生と労働組合の反政府抗議行動がやはり暴動化したときに、当時のシャルル・ドゴール大統領は外遊中で、ジョルジュ・ポンピドー首相もルーマニアへ外遊に出かけていた。その際、ドゴールは「子供の火遊び」と軽くあしらおうとしたが、その姿勢が反政府行動の火に油を注ぐ結果となり、直後の総選挙では勝ったが、翌年の国民投票で敗北し、退陣を早めた事件となった。その経験からの緊急対応だった。

あわせて読みたい

「エマニュエル・マクロン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

  9. 9

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    GoToクーポン 男が54万円搾取か

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。