記事

虐待 児童相談所の介入強化を

児童虐待防止策を検討している社会保障審議会のワーキンググループは、児童相談所が強制的に子どもを保護する「介入機能」の強化に向けて都道府県に計画策定を求める報告書素案をまとめた、と報じられています。7日の会合で素案を示し、年内に正式な報告書としてまとめる予定です。

介入機能の強化は、例えば、今年3月に東京都目黒区で5歳児が虐待で死亡した事件では、児童相談所職員などが家庭訪問をしましたが、母親から面会を拒否されていました。介入機能が強化されれば、虐待の深刻化を防ぐことができると考えられます。

また、児童相談所が、介入を躊躇する理由として、介入によって保護者との関係が悪くなり、その後は保護者の相談にのるなどの「支援」ができなくなることへの危惧が指摘されています。

私自身も、児童虐待防止法の2度の改正に関わるなど児童虐待に取り組んできたことから、実際のケースの相談に乗ることがあり、その時に、しばしば児童相談所の職員が、肝心の子ども方を向いて仕事をするのではなく、保護者との関係を重視していることを実感しています。

素案では、対策として、介入と支援で部署や担当職員を分けることや、介入の際の弁護士・元警察官の活用などを上げ、都道府県が体制整備のための計画を策定するべきだとしています。児童福祉司の研修は、介入機能に重点を置いた内容とする必要性も指摘しました。

そして、現在は子育て相談などにも対応している、児童相談所全国共通ダイヤル「189」を、虐待通告を中心に受け付けるように見直すことも素案には、盛り込まれているということです。

おおむね素案の内容には賛同しますが、介入と支援で担当職員を分けるには、もっと職員の数を増やさないと、今も過重労働になっている中で、なかなかうまくいかないのではないかと思います。そのためには、都道府県の計画策定だけではなく、国として予算をつけてバックアップする必要があると思います。

全国共通ダイヤルの「189」は、以前は長い普通の番号で、なかなか覚えられないものでしたが、3ケタになり、使いやすくなりました。それを虐待防止に重点を置いて使うということは、よいことと思います。とにかく、できることはすべてして、家族などから虐待され、死亡することもある児童虐待にあう子どもを一人でも多く救いたいと思います。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  2. 2

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  3. 3

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  4. 4

    家出少女を待ち受ける男性の本性

    文春オンライン

  5. 5

    台風被害タワマン住民が現状語る

    SmartFLASH

  6. 6

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    加藤浩次 堀江氏無視してTV一本

    AbemaTIMES

  8. 8

    桜を見る会で騒ぐ野党議員に苦言

    鈴木宗男

  9. 9

    テレビ出演減らしたヒロシの真意

    たかまつなな

  10. 10

    氷川きよし新路線に事務所難色か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。