記事

大塚家具、11月もセール好調で2カ月連続の売上増

(株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、江東区、大塚久美子社長)は、10月と11月の2カ月連続して全店の売上高が前年同月を上回った。

 大塚家具は10月の売上高が昨年7月以来、15カ月ぶりに前年同月を上回ったが、11月も前年同月比で全店の売上高が4.1%増えた。9月28日から11月25日まで開催した「在庫一掃セール」が好評で、応接などが売上高を押し上げた。インターネット通信販売のEC売上高も前年同月比58.0%増と伸びた。2カ月連続して前年同月比で売上が上回ったのは、昨年6月、7月以来の16カ月ぶりとなる。

 大塚家具によると、「店舗の再構築や資本増強、業務提携など具体的に交渉を進めている」というが、動きはない。このため、2018年6月中間期決算から「継続企業の前提に関する注記」(GC注記)が付いたままだ。

 2018年12月期の業績予想は売上高376億3,400万円(前期比8.4%減)、営業赤字51億円、当期赤字34億2,600万円と3期連続の赤字を見込む。  「在庫一掃セール」の終了後も、大塚家具の担当者は「イベントの企画を予定している」と答えた。セールの反動減がでるか、それともさらに集客を伸ばすことができるか、期末の売上動向が注目される。



(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年12月3日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

あわせて読みたい

「大塚家具」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブン離れ進む? PayPay導入なく

    永江一石

  2. 2

    北の資金源でなくなったパチンコ

    宇佐美典也

  3. 3

    瀧逮捕 NHK撮り直しは受信料ムダ

    上伊由毘男

  4. 4

    ゴマキ不倫 夫の愛に感じる怖さ

    女性自身

  5. 5

    堀江氏「リクルートは情弱商売」

    MAG2 NEWS

  6. 6

    内田裕也死去 代表曲なき帝王

    常見陽平

  7. 7

    豪州の慰安婦像問題 黒幕は中国

    MAG2 NEWS

  8. 8

    森友ヒアリングで官僚全欠席の怪

    田中龍作

  9. 9

    害だけ? 固定電話不要論が加速

    NEWSポストセブン

  10. 10

    ピエール瀧への制裁求める危険さ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。