記事

母親思いの一家を飲み込んだ「魔の道路」…数百人死傷も

北朝鮮の道路事情は極めて劣悪だ。北部の両江道’(リャンガンド)では今年3月、交通事故が相次ぎ、1日で約300人が死亡する大惨事が起きた。

(参考記事:あっという間に300人が死亡…北朝鮮の交通事故が壮絶な理由

一般の道路はもちろん、外国人観光客が利用する高速道路ですら状態がかなり悪く、穴が空いている箇所を熟知しているドライバーでも、時々穴にはまってしまうほどだ。

「走り屋」として知られる金正恩党委員長も、交通事故を減らすよう再三にわたり指示を下している模様だが、劣悪な道路事情はなかなか改善されない。

(参考記事:金正恩氏の「高級ベンツ」を追い越した北朝鮮軍人の悲惨な末路

そんな北朝鮮の道路が、母親思いの家族の命を飲み込んだ。一家が乗っていた三輪バイクが崖から落ちたのだ。

事故が起きたのは11月初め、平安南道(ピョンアンナムド)平城(ピョンソン)と平壌市の順安(スナン)区域の間にある上次(サンチャ)峠でのことだ。

平城に住む一家12人は、母親の還暦祝いに参加すべく三輪バイクに乗って隣接する平原(ピョンウォン)に向かっていた。その途中で崖から転落。5人が即死し、7人が病院に搬送されたが、容態は芳しくないと伝えられている。ドライバーは転落直前に三輪バイクから飛び降り無事だった。

この三輪バイクだが、後部に荷台を連結したもので、中には木製の座席が設置されており、ぎゅうぎゅう詰めにすれば15人ほど乗車できる。タイの地方都市で走っている、ピックアップトラックを改造した「ソンテウ」というバスに近いものと思われる。トラックよりは安く買えるものの、下り坂でブレーキが効きにくいという欠点がある。

タイのトラックバス「ソンテウ」(画像:Wikipedia)

また、道路状態にも問題があった。中央分離帯がなく、舗装はアスファルトではなくセメントで、ところどころに穴が開くなど道路状況は劣悪だった。さらに、上次峠は事故多発区間として知られている。

平城市の保安署(警察署)は、ドライバーから事故の経緯などについて事情を聞いている。北朝鮮は毎年5月と11月を交通事故防止特別月間に定めているが、そんな中での事故だった。交通事故の処理方針が強化されていることもあり、過失が認められればドライバーは裁判にかけられる可能性があるとのことだ。

劣悪な道路事情に加え、市場経済化の進展で車両が急増しているが、運転技術の未熟なドライバーが少なくない。

北朝鮮で運転免許を取得するには、自動車養成所(自動車学校)に通い、運転技術から修理技術までを習得し、試験に合格しなければならない。この過程が6ヶ月も要するので、多くの人は役人に500ドル(約5万6000円)ほどのワイロを払い、手っ取り早く免許を取得する。

(参考記事:軍事目的には使えない?穴ボコだらけの北朝鮮高速道路

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。