記事

依存対策にとっても切り札:新・公認心理師2万7千人が誕生

2015年に成立した公認心理師法に基づき新設された国家資格である「公認心理師」の試験結果の発表が行われ、新しく2万7千人の公認心理師が誕生するそうです。以下、日経新聞より転載。

2万7千人が公認心理師に 初の国家試験、合格率79%
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38446020S8A201C1CR8000/

厚生労働省は2日までに、9月に初めて行われた公認心理師の国家試験に2万7876人が合格したと発表した。受験者数は3万5020人で合格率は79.6%。北海道では9月に起きた地震の影響で試験が中止され、12月16日に追加試験が行われる。

合格者の75%が女性で、年齢別では31~40歳が約1万人と最も多かった。合格者には証書と国への登録申請書が郵送される。登録が完了すれば、公認心理師として働くことができる。

これまで我が国の心理系資格といえば、臨床心理士や産業カウンセラーなど民間認定の資格が中心でありましたが、今回、初の認定が行われた公認心理師は国家資格。しかも、資格取得には心理系の該当科目を持つ大学および大学院での修学が必須となるなど、高度技能を有した心理系人材として教育を受け、順次、現場投入がなされてゆく予定です。

特に我々、ギャンブル業界にとって期待されるのが、これら公認心理師の方々に「国家資格を持った専門家」としてギャンブル依存対策の最前線でご活躍頂くこと。ギャンブル依存対策はその他の精神疾病対策は元より、アルコールや薬物などその他の依存対策と比べても圧倒的に無資格者による無手勝流の「支援」が中心となってきた業界。当然ながらそのような無手勝流の現場では、支援の「質の均一性」を保てるわけもなく、「あの支援団体は悪質だ」なんていう悪い噂の絶えない業界でもありました。

その様なギャンブル依存対策の現場において、国家資格である公認心理師の皆様にはしっかりとした知見を持って大きく活躍をして頂きたい。ギャンブル業界側の人間としてそんな期待を抱きつつ、全国2万7千人の皆様の合格を心よりお祝い申し上げたいと思います。

あわせて読みたい

「精神医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。