記事
  • Dain

被災地の子どもにオススメする一冊を選ぶなら

 「被災地だから」というのなら、特にコレというのは無い。中高生に「コレいいよ」というつもりで選ぶ。宮崎駿の、非常にメッセージ性の強い一冊だ。

 本に関わる人たちの飲み会に混ぜてもらった。これは、文字通り「混ぜてもらった」になる。編集者、起業家、書店員から、デザイナー、ライター、エージェントといったそうそうたる面子の中、「ブロガー」という肩書きでご一緒させてもらう。濃くて熱くてエキサイティングで、旨くて上手くて美味い宴だった。タイトルの「被災地の子どもにオススメする一冊を選ぶなら」は、そこでのお題。

 いわゆる定番ばかりと思いきや、全く知らないスゴ本にも出会えたのが収穫。

リンク先を見る 最も惹かれたのが「1歳から100歳の夢」。1歳から100歳に渡る、100人の夢を集めた写真集だ。右手がポートレイト、左手がメッセージ、つぶやき、決意表明、日常描写になっており、ひとまず自分の年齢の人を確認したくなる。次いでわが子の年代、自分の親の年代へと行きつ戻りつ読める。これは、それぞれの時代を生きぬいて、今の日本を一緒に歩む「みんな」の一冊になる。

 逆説的だが、山田風太郎の「人間臨終図巻」を思い出す。アンネ・フランクから東郷平八郎まで、古今東西の著名人たちの臨終をまとめたものだ。これをユニークにしているのは、享年順であること。読み手の年齢と重ねながら読むと、自分の凡庸さと命の儚さ、そして「まだまだこれから感」がふつふつと湧き上がる。「臨終図巻」が死者たちの夢なら、「1歳から100歳」は生者たちの夢になる。

リンク先を見る 定番だが、吉野源三郎「君たちはどう生きるか」を読む。何度もオススメされてはナナメ読みだったが、これを機にきっちり読もう。これは、わたしの子に渡す一冊になるだろうから。「ガンバの冒険」の原作「冒険者たち」も然り。ルブランの「アルセーヌ・ルパン」もそう。

 このような「後がつかえている本」が増えているのに気づく。未読本か再読本を積んでいくうち、わたしではなく、わたしの子どもに託したくなる───そんな一冊だ。もちろん子どもは、わたしの思いに関わらず、読みたい本を手にするだろう。だが、読み慣れたジャンルから一歩出るときの出口(入口?)のために、書棚を遺すくらいのことはしておきたい。

 そんな意味でも、被災地に関係なく中高生に手にして欲しい(オトナの思いの詰まった)リストになっている。

  • 「君たちはどう生きるか」吉野源三郎
  • 「はてしない物語」ミヒャエル・エンデ
  • 「TUGUMI」よしもとばなな
  • 「李陵・山月記」中島敦
  • 「水源」アイン・ランド
  • 「1歳から100歳の夢」いろは出版
  • 「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス
  • 「対話篇」金城一紀
  • 「宮本武蔵」吉川英治
  • 「ワイルド・ウィンター ブランキー・ジェット・シティ インタビュー集」
  • 「ロックで独立する方法」忌野清志郎
  • 「せいめいのれきし」バージニア・リー・バートン
  • 「星の王子さま」サン=テグジュペリ/池澤夏樹訳
  • 「永遠の仔」天童荒太
  • 「アルセーヌ・ルパン」モーリス・ルブラン
  • 「麦ふみクーツェ」いしい しんじ
  • 「たいせつなこと」マーガレット・ワイズ ブラウン
  • 「甲子園への遺言」門田隆将
  • 「希望をはこぶ人」アンディ・アンドルーズ
  • 「こうちゃん」須賀敦子
  • 「篦棒な人々」竹熊健太郎
  • 「七瀬ふたたび」筒井康隆
  • 「NO LIMIT」栗城史多
  • 「流れる星は生きている」藤原てい
  • 「ビビを見た」大海赫
  • 「余命1年からの奇跡」野澤英二
  • 「冒険者たち」斎藤惇夫
  • 「ハッカーと画家」ポール・グレアム
  • 「シュナの旅」宮崎駿
  • 「心に響く5つの物語」藤尾秀昭
  • 「ひとつ」マーク・ハーシュマン
  • 「聖の青春」大崎善生
  • 「チボー家のジャック」デュ・ガール
  • 「宇宙飛行 行ってみてわかったこと、伝えたいこと」若田光一
  • 「得手に帆あげて」本田宗一郎

 わたしがオススメした一冊は「シュナの旅」。プレゼンタイムが1分もらえたので、会場の皆さんに質問してみる。もののけ観た人、ナウシカ観た人、千と千尋が好きな人……と順々に聞いていって、「これ知ってる人」と訊ねると、ほぼ皆無だったのが面白い。「宮崎駿の原点にして頂点」というと異論がありそうだが、15分で読める絵物語で、彼の強いメッセージが伝わってくる───「生きろ」ってね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  4. 4

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  8. 8

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。