記事

霜降り明星M-1優勝 古参ファンが抱く「東京進出への不安」

1/2
【『M-1グランプリ2018』で第14代王者となった霜降り明星(番組HPより)】

 漫才師日本一を決定する『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)が12月2日に放映され、「霜降り明星」が史上最年少で14代目王者に輝いた。2018年は『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)でも、史上初コンビ揃っての決勝進出を果たし話題を呼んだことが記憶に新しい。

 ボケ担当のせいや(26)はモノマネから歌ネタ、ピンネタまで器用にこなし、漫才ではステージ全体を使った贅沢なボケを展開する。一方、ツッコミ担当の粗品(25)はコンビ結成前から“高速フリップ”ネタを得意とするピン芸人として頭角を現し、漫才ではせいやの動きに鋭いワードセンスで切り込む。ネタは2人で共同制作しており、個々の才能とセンスがぶつかりあい、大きな笑いを生む若手実力派コンビだ。

 彼らが主戦場とするのは大阪「よしもと漫才劇場」。2018年は多忙のなか毎月単独ライブを重ね、チケットは即日ソールドアウトという人気ぶりを見せていた。新たなM-1王者の誕生に、彼らを応援しているファンはどのような心境なのか。

 4年間、彼らを応援してきたという男性Aさん(31歳)はその魅力をこう語る。

「女性ファンが多いという印象かもしれないが、男性も唸るセンスと面白さ。いずれ必ず優勝するコンビだと思っていたので、『それが今年だったのか』という印象。彼らの漫才の魅力はボケとツッコミが相乗効果を生み続けるエネルギーの高さとオリジナリティだと思う。誰から大きな影響を受けたか、という他の芸人の影をほとんど感じさせない。中学高校時代、クラスで一番面白いヤツら同士がくっついた感じ。

 M-1放映後にGYAO!で配信されていた記者会見でも『上が詰まっているお笑い界に新しい風を吹かせ、次の世代を作りたい』と語っていましたが、まさに平成世代が生み出した漫才の最高傑作だと思う。漫才も面白いですが、僕が一番好きなのが彼らのフリートーク。ラジオがなにより最高なんです」(Aさん)

あわせて読みたい

「M-1グランプリ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。