記事

NZ航空のクリスマス広告、トランプ氏模した赤い帽子の少年登場


[30日 ロイター] - ニュージーランド航空が、トランプ米大統領をネタにしたクリスマスシーズンの広告を公表した。

広告動画には、サンタクロースの「悪い子」(naughty)リストに掲載された子どもたちが一堂に会した会議で、トランプ氏のスローガン「Make America Great Again」(米国を再び偉大に)をもじった「Make Christmas Great Again」と書かれた赤い野球帽を被った米国人少年が登場し、失笑を浴びる様子が映されている。

3分間の広告動画では、サンタが2018年版悪い子リストの電子メールを、北極点の妖精(エルフ)に送信するところをニュージーランドのエルビス・アンダーソンという名前の学生に誤って送信してしまう。この学生は世界の悪い子を集めた問題解決会議をニュージーランドで開催することを発案。ニュージーランド航空に悪い子たちの輸送支援を求める。

出席した子どもはそれぞれ国を代表し、もっと野菜を食べる、もっと謙虚になる、いらいらして髪の毛をかきむしる癖を減らすなど、行動を改める約束をする。

背広を着て赤いスローガン帽を被った米国の少年は、自分はまったく悪い子ではなく、自分の知るかぎり最高の人物だと主張し、ほかの子たちの笑いを誘うというシーンが展開される。

これは、9月の国連総会演説でトランプ大統領が自らの業績を自画自賛して会場から失笑を買った場面を彷彿とさせる。

動画の少年はこのときのトランプ氏の言葉を模して「この反応は予想していなかったが、まあ良い」と応じている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。