記事

【読書感想】さいはての中国

1/2


さいはての中国 (小学館新書)


Kindle版もあります。


さいはての中国(小学館新書)

内容紹介 行ってはいけない!!

アジアのシリコンバレー・深センをさまようネトゲ廃人、広州に出現したアフリカ人村、内モンゴルの超弩級ゴーストタウン、謎のゆるキャラ勢揃いの共産党テーマパーク、さらには日本や東南アジア、さらには北米カナダまで。現代中国を炙り出す弾丸ルポルタージュ11連発!!

ようこそ、ちょっと不思議で、心底怖い中国の旅へ。

「さいはての中国」は、単純に地理的な辺境地帯だけを意味するわけではない。それは、誰も気にとめず注意を払わない、現代中国の未知なる素顔を意味する言葉のつもりである。――「序章」より

 先日、中国へのODA(政府開発援助)が今年度(2018年度)の新規案件を最後に終了となる、というニュースを見ました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181023/k10011683011000.htmlwww3.nhk.or.jp

 中国のGDPは日本を抜いて、アメリカに次ぐ世界2位となっており、まだ「援助」していたのか……というのが率直な感想だったんですよね。
 実際は、10年くらい前からは、感染症や環境への対策の一部のものが小規模に続けられていたそうですが。

 僕はこのブログをけっこう長い間書いているのですが、最近は「中国関連本」はあまり読まれなくなっているようです。  中国ブームが去った、というべきなのか、一昔前ほど混沌とした国ではなくなって、面白さが薄れてしまったのか。
 「爆買い」なんていうのも、あっという間に鎮静化してしまいましたし。

 その一方で、世界最大の人口とアメリカに次ぐGDPを持つ中国という国は、アジアの経済大国として、存在感を強めてきているのも事実です。
 中国は、これだけの人口を擁しており、「社会主義国家」を標榜しているにもかかわらず地域や階層の格差が激しい国でもあるんですよね。
 この本では、上海や深圳といった経済都市や北京のような政治の中心とは異なる「中国の辺境」や、都会で生活している「忘れられている人々」のことが紹介されているのです。

 書中のトピックには、深圳のネトゲ廃人や北米の「反日」華人組織など、大手メディアではあまり大きく取り上げられないであろう、マニアックな話題も多い。
 ただ、話題はマニアックでも、本書はマニア向けに書いた本ではない。むしろ筆者としては、日常生活で中国との接点がそれほど多くない人に、きっと一生見ることがない世界を気軽に体験してもらおうと考えて書いたつもりである。
 近年は中国企業の勢いを評価して中国を見直す人もいるらしいが、大多数の一般的な日本人の間における中国は、政治的に不自由で「反日」的で、環境汚染がひどくて食品が不衛生的なひどい国、という最悪のイメージが確立している。
「安田さん、はやく中国に行かないで済むようになればいいのにね」
 私はときに、こうした思いやりに溢れた言葉をかけられることすらある。私が借金のカタか罰ゲームかなにかで、わざわざ中国に行かされるようなひどい仕事を割り当てられていると勘違いする人もいるわけなのだ。
 当世の日本人にとっての中国はかくも「行ってはいけない」国らしい。だが、中国の国家イメージが極端に悪いことと、実際に現地に行って「つまらない」ことはイコールではない。私は自分が面白いから、望んで中国へ取材に行ってばかりいるのだ。本書は、私がいかに変わった世界を見て奇想天外な事態に直面し、そこで何を考えたのかを読者に伝えてみたくて書いたものだ。

あわせて読みたい

「読書」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  9. 9

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  10. 10

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。