記事

ジャルジャル挑戦の15年間 ダウンタウンの再来と言われた才能


12月2日に漫才の日本一を決める大会「M-1グランプリ2018」が行われ、霜降り明星が優勝。ラストイヤーとして挑んだジャルジャルは、3位に終わった。

挑戦を続けた15年だった。高校時代の同級生だった後藤淳平(34)と福徳秀介(35)によるコンビで、02年にNSCを卒業。03年4月から正式に活動をスタートさせたが、当時から注目を集めていたという。

「NSCのときから、すごい奴が入ってきたと話題になっていました。型にはまらないスタイルで、他の生徒と比べても才能は群を抜いていました。ダウンタウンの再来とまで言われ、誰もが『次世代を担っていく存在』と絶賛するほどでした」(お笑い関係者)

05年にBGO上方笑演芸大賞で新人賞を受賞すると、その後も賞レースを総なめにしていった。そんな2人にとって、「M-1」は特別なものだった。

「NSC時代の02年に『M-1』初出場したのですが、まさかの1回戦敗退でした。リベンジを誓い、毎年のように出場。10年に初めてファイナルへと進出しましたが、一歩届きませんでした。昨年は特に鬼気迫る様子で、最終決戦進出を逃した際は福徳さんがうずくまって……。その後の特別番組では号泣してしまい、視聴者も思わず涙するほどでした」(前出・お笑い関係者)

そうして挑んだ今年のステージ。昨年の雪辱を果たし、最終3組に残った。だか結果は0票だった。それでもTwitterでは、攻め続けた2人に賞賛の声が上がっている。

《ジャルジャルの一本目、2018年一番笑ったw》

《ゼンチンドネシアが頭から離れない。笑》

《ジャルジャルのスタイルをずっと見ていたい》

《ジャルジャルほんま天才やと思う》

栄冠には届かなかったが、視聴者の記憶にはしっかりと刻まれていたようだ――。

あわせて読みたい

「M-1グランプリ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  2. 2

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  3. 3

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  4. 4

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  9. 9

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

  10. 10

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。