記事

原油先物が大幅上昇、米中首脳は追加関税棚上げで合意


[シンガポール 3日 ロイター] - アジア時間の原油先物価格は大幅に上昇。トランプ米大統領と習近平・中国国家主席が新たな関税を一時的に見送り、貿易戦争を悪化させないことで合意したことが相場を支援している。

0032GMT(日本時間午前9時32分)時点で、米WTI原油先物<CLc1>は1.67ドル(3.2%)高の1バレル=52.60ドル。

北海ブレント先物<LCOc1>は1.55ドル(2.6%)高の61.01ドル。

アルゼンチンで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて行われた米中首脳会談について、米ホワイトハウスは声明を発表し、2000億ドル相当の中国からの輸入品に対する関税は2019年に入っても10%に据え置き、25%への引き上げを「現時点で」見送る方針を明らかにした。[nL4N1Y70MQ]

原油は米中両国政府が互いに輸入関税の対象にした品目に含まれていないが、トレーダーらによると、米中貿易摩擦が休戦となったことを好感するムードが原油相場を支援した。

OANDAのアジア太平洋地域トレーディング責任者スティーブン・イネス氏は「G20後のムードは予想されていたよりもやや良好だ」と指摘。石油輸出国機構(OPEC)の総会が6日予定されているため、今週は原油市場にとって「かなり重要」となる可能性があると述みている。

OPEC加盟国と非加盟ロシアは原油安を食い止めるため、減産を決める見通し。

減産について公式な発表はないが、アナリストの大半は減産規模が10月比で日量100万─140万バレルになると予想している。OPECの10月の産油量は、2016年12月以来の高水準だった。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  6. 6

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  9. 9

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  10. 10

    都合がよければ専門家の意見を聞き、悪ければ黙らせる 五輪巡る政府対応は納得できぬ

    小宮山洋子

    06月19日 16:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。