記事

金正恩氏が「継母」に加えていたひどい仕打ち

金正恩氏(朝鮮中央通信)

韓国紙・中央日報(WEB日本語版)は22日、北朝鮮の内部事情に精通した韓国政府当局者の話として、故金正日総書記の第4夫人説がささやかれていた金オク氏について管理所(政治犯収容所)に収監されていることが確認されたと伝えた。

「写真」は語る

この当局者は、「さまざまな情報を総合した結果、金オク氏が張成沢(チャン・ソンテク)事件に関わって2014年に政治犯収容所に送られたと結論付けた」としている。また、彼女の生死については「現在、生きていることを把握している」と述べているが、管理所は「地獄の一丁目」とも言われる残酷かつ劣悪な施設だ。金オク氏が生きているとしても、相当に酷い目に遭っていると思われる。

改めて説明するまでもないことだが、金正日氏は金正恩党委員長の父である。金正恩氏の実母である高ヨンヒ氏は2004年に死去しており、つまり金オク氏は彼にとって「継母」のようなものだ。金正恩氏は、父のハデな女性遍歴に嫌悪感を抱いていたとも言われる。

(参考記事:金正日の女性関係、数知れぬ犠牲者たち

金正恩氏にも「パーティー狂い」の噂が出たこともあったが、李雪主(リ・ソルチュ)夫人のほかに愛人がいるという情報は出ていない。

(参考記事:北朝鮮「秘密パーティーのコンパニオン」に動員される女学生たちの涙

金オク氏は、2012年7月までは、金正恩氏の現地指導に同行していた。前年12月に金正日氏が死去してすぐ、権力から遠ざけられたわけではないのだ。

デイリーNKジャパンは、金正日氏の秘書役を務めていたとされる金正恩氏の異母姉・金雪松(キム・ソルソン)氏の写真を入手している。金正日氏の死後間もなく、朝鮮労働党の最高幹部らとともに、遺体が安置された錦繍山(クムスサン)記念宮殿(現錦繍山記念宮殿)を訪れた時のものだ。この写真で金雪松氏の隣にいる女性が、金オク氏である。

(参考記事:金正恩氏の「美貌の姉」の素顔…画像を世界初公開

写真の雰囲気からすると、金雪松氏と金オク氏は親密に見える。これだけで何かを判断するのは無理があるかもしれないが、金オク氏は金正日氏の子供たちと、けっこう上手くやっていたように思えるのだ。

では、中央日報の報道が正しいとして、金正恩氏はなぜ、継母を「この世の地獄」に送る必要があったのか。それはやはり、叔父である張成沢氏の粛清事件の余波が、それだけ大きかったということだろう。

張成沢事件が起きてから、この12月で丸5年になる。今月は本欄でも、同事件について改めて振り返ってみたい。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。