記事

バラエティーで“女芸人くくり”増加 男芸人よりなぜ有利?

【女性人気も高いブルゾンちえみ】

 日々、バラエティー番組を賑わせるお笑い芸人たち。最近、その起用に関して、男芸人よりも女芸人が重宝される傾向にあるという。その背景について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *

 12月1日21時から特番『さんま&女芸人お泊り会~人生向上の旅~』(フジテレビ系)が放送されます。同番組は「明石家さんまと17人の女芸人が1泊2日の温泉旅行で存分に遊び、本音を語り合う」というもの。今年5月に放送されたばかりだけに、「早くも第2弾なの?」という驚きの声があがっています。

 17人もの女芸人が仲良く共演する同番組に対して、12月10日に生放送される『女芸人No.1決定戦 THE W』(日テレ系)は火花バチバチのネタバトル。「この世で一番おもしろい女性」の称号と賞金1000万円を賭けた一大コンテストです。

 それ以外では2日に『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が「女芸人のカレンダープロジェクトin中国」を放送。同番組は女芸人たちが体を張る「温泉同好会」を今年だけで9回も放送しました。

 さらに今年放送された番組では、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)が7月26日に「女芸人12名が大集合!恋も仕事も予測不能の大爆笑SP!」。『金曜ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が5月18日に「昔は可愛かった? 女芸人アルバム大賞」、4月27日に「新企画 女芸人ドッキリスター大賞」を放送しました。

また、『潜在能力テスト』『ネプリーグ』『VS嵐』(フジテレビ系)、『踊る!さんま御殿』『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)は、数か月に1度のペースで“女芸人くくり”の企画を放送しています。

 トークからコンテスト、旅、クイズまで、あらゆるジャンルで“女芸人くくり”の企画が増えている一方、“男芸人”というくくりはほとんどありません。たとえば、お笑いコンテストの『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)や『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)は男女芸人ともに出場可能ですが、女芸人は前述した『THE W』にも出場可能です。明らかに“女芸人くくり”が増えているのはなぜなのでしょうか。

◆視聴者受けと大御所MCとのバランス

 最大の理由は、「視聴者受けがいい」から。知人のバラエティー番組ディレクターは、「今の視聴者は穏やかで安心感のある笑いを好むので、相対的に女芸人の評価が高くなり、キャスティングの数が増える」と言っていました。実際バラエティー出演の多い女芸人には、「何とか売れたい」「爪跡を残すぞ」という男芸人にありがちなギラギラしたところがほとんどありません。

 男芸人ほど上下関係を感じさせず、パワハラやイジメを想起させることがないのも、“女芸人くくり”で大量起用しやすい要因の1つ。女芸人の笑いや奮闘が、「視聴率を左右する女性視聴者の共感を集められる」ことも、男芸人よりフィーチャーされやすいことにつながっています。

 制作サイドによる「大御所の男芸人MCに、後輩の女芸人たちを組み合わせるほうが印象のバランスが取りやすい」という声も少なくありません。たとえば、明石家さんまさんと女芸人軍団、内村光良さんと女芸人軍団、ダウンタウンと女芸人軍団…。「大御所の男芸人MCと男芸人軍団」という組み合わせよりも、映像の印象がやわらかくなることが分かると思います。

 もともと芸人に限らず男性タレントは、よほどのキャラクターかトーク力がなければバラエティーに呼ばれ続けるのは難しいもの。女性タレントのほうが衣食住、恋と結婚、出産と子育てなど、仕事以外のトピックスが多いこともあり、なかでもトーク力のある女芸人が優先されがちなのは当然なのです。

くくることで笑いと安心感がアップ

 また、女芸人のレベルが上がり、層が厚くなったことも、“女芸人くくり”が増えた理由として見逃せません。

 かつて女芸人と言えば、「ブスでモテない」というキャラクターでひとくくりにされてきました。しかし、現在はバカとインテリ、デブとガリガリ、ダサイとオシャレ、貧乏とセレブ、独身と既婚というように、必ず両面のキャラクターがいるなど多彩になっています。

 女芸人たちはメディア出演が増えるにつれて、中堅はもちろん若手もレベルアップ。『THE W』が開催されるようになったのも、「女芸人の質、量がともに上がり、大会を開催できるようになった」からであり、渡辺直美さん、イモトアヤコさん、ブルゾンちえみさんら同性に支持される若手女芸人が増えていることも大きいでしょう。

 最後の理由は、“女芸人くくり”そのものが視聴者に笑いと安心感を与えていること。「女芸人=仲がいい、チームワークがいい、まじめで一生懸命」という全体の好印象がひとくくりにされることで、「何だか楽しそう」「見ていて癒される」と、より上がっているところがあります。

 この好印象は裏を返せば、「女芸人そのものが嫌われにくい上に、ひとくくりにすることで、ますます嫌われにくくなる」ということ。制作サイドから見たら、「一定層以上の支持を確実に得られる」「視聴率の計算が立つ」「誰も傷つけずクレームの心配が少ない」などのメリットがあるだけに、当分はこの流れが続くでしょう。

【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。