記事

ブライアン・メイが語る、クイーン昨年のツアーと映画『ボヘミアン・ラプソディ』

1/2
アダム・ランバートをフロントマンに迎えて、ツアーを行ったクイーンのギタリストのブライアン・メイ (Photo by Mindy Small/FilmMagic)

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイが、アダム・ランバートをシンガーに迎えたバンドのサマーツアー、楽曲『ウィ・ウィル・ロック・ユー』の力、そして絶賛公開中の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』への思いなど、昨年の夏にローリングストーン誌に語ってくれたインタビューを再録する。

2017年夏、アダム・ランバートをフロントマンに迎えて北米アリーナ・ツアーを回ったクイーン。ギタリストのブライアン・メイは、まるでデジャヴだと言う。「あの頃のように大規模なツアーだったから、まるで昔に戻ったような気分だった」とメイは語る。「アリーナでプレイできて、とても光栄だしとても幸せな気持ちだ。これまでにやったどのツアーよりもスケールが大きい。昔のようにビッグで、デンジャラスで、盛り上がっている。僕らは時代遅れではない。今を生きるバンドなんだ」。

2017年6月末からバンドはサマー・ツアーをスタートさせ、8月初旬にかけて北米を回った。コンサートでは、彼らの名曲の数々を披露した。「かつてプリンスが言っていた。”ヒット曲が多すぎる。ヒット曲だらけだ”ってね」とメイは言う。「嬉しい悩みだ。長いことライヴで披露していない曲もやるつもりだが、問題はどの曲を除外しようかってことだ」。

「ファンは、栄光の時代の”アメリカーナ・クイーン”を求めているに違いない。アメリカの社会を沸かせていたあの頃さ」とメイは言う。『ウィ・ウィル・ロック・ユー』や『伝説のチャンピオン』がリリースされた1977年頃のことだ。サマー・ツアーでバンドは、ランバートのソロ曲のほか、メイのソロ・アルバム『バック・トゥ・ザ・ライト〜光にむかって〜』(1993年)の曲もプレイした。

「以前と同じようにフレキシブルなんだ」と語るギタリストのメイは、2017年にシンガーのケリー・エリスと共にアルバム『ゴールデン・デイズ』をリリースした。「僕らはバッキング・トラックやクリックに合わせてプレイしたりしない。だから成り行きで好きにプレイできるんだ。僕らはアダムのこともよく理解できたから、一緒にやっていける。

だから、あの頃のような感覚になれるのさ。でも全てが新しい。今のオーディエンスは、1970年代に僕らの曲を聴いていたファンの子どもや孫たちだからね。僕らは少し歳を取ったということさ」とメイは笑う。「そう老けてはいないよ。少しだけさ」。

興味深いことにメイは最近、バンドの今の立ち位置に安らぎのようなものを感じたという。それは、1970年代のアメリカにおけるクイーンのライバル・バンドを観た時のことだった。「少し前に、子どもたちを連れてエアロスミスを観に行ったんだ」と彼は、ローリングストーン誌との多岐にわたるインタヴュー中に明かした。「エアロスミスはある意味で、僕らと似ている。全てがリアルで生き生きとしていて、デンジャラスなままだ。

そしてどこにもセーフティネットなんか存在しない。ステージを観ている自分の子どもたちを観察して思った。”僕は何も卑屈になる必要はないんだ。これがリアルなんだ”ってね。僕らは疑いなくリアルなんだと感じている。僕らは僕らであり、完璧にはなれないだろうが、これまでに見せたことのないような何かを見せることはできる。現代の”何か”さ」。

ー2017年のサマー・ツアーでファンは何を期待できるでしょうか?
(※本インタヴューは2017年のサマー・ツアー開始直後に行われたもの)


以前の僕らのコンサートを観たことがあるファンにとっては、とても驚きだろう。かつてのショーとは全てが違っているからね。僕らは、最新テクノロジーや新しいおもちゃを採り入れるのが大好きなんだ。もちろんレトロな要素もあるが、とても新鮮に見えると思う。それに僕らには、驚異的なシンガーという武器も増えたし。アダムはあらゆる面で傑出している。

ー”レトロな要素”とはどのようなものでしょう?

ファンは、昔のヒット曲を期待している。僕らはそれらの曲をプレイする義務がある。嬉しい義務だ。でも、変化を加えて全ての曲を新鮮に保っておくのも悪くない。さらに、ビデオを使った演出も以前から考えている。ビデオ・スクリーンも今はコストが下がったから、多くのビデオ・コンテンツを取り込める。ビデオとステージ上の僕らが完全にシンクロするんだ。あまりネタバラシしたくはないが、ある”レトロな要素”が含まれているのは間違いない。フレディとプレイしていたあの頃とつながっている。最新技術で過去を呼び起こすんだ。

ーホログラムを使うのでしょうか?

いや、ホログラムではない。ホログラムを使ったこともあるが、期待通りにはいかなかった。しかも一般的に言われているホログラムは、本来のホログラムではない。あれはペッパーズ・ゴースト(視覚トリック)だ。僕らには、ライヴに対応したよりフレキシブルなものが必要なのさ。だからホログラムではない。ホログラムは使わないよ(笑)。別のものを用意している。

ー2017年は、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』がリリースされてから40周年です。曲に合わせてアリーナのファンが足を踏み鳴らし、拍手する姿を見た時の感情を表現できますか?

(笑)『ウィ・ウィル・ロック・ユー』や『伝説のチャンピオン』のようなオーディエンス参加型の曲は、当時としてはとても新しいものだった。これらの曲が生まれた頃、ステージとオーディエンスとの関係はインタラクティヴなものではなかった。ファンは頭を揺らしたりはするが、その程度だった。レッド・ツェッペリンの曲に合わせて歌うことはなかった。

でもある時、ファンが僕らの曲に合わせて歌っていることに気づいた。「悪くないな。ファンは黙って演奏を聴いていなければならないってことはない」と思ったよ(笑)。これは何か素晴らしいことだ、という新鮮な感覚だった。

オーディエンスがステージ上の僕らと一体化し、ショーはバンドだけでなくオーディエンスのものとなっていった。そこで『ウィ・ウィル・ロック・ユー』や『伝説のチャンピオン』がヒットし、後に『レディオ・ガ・ガ』が生まれた。僕はその状況にワクワクしたし、今や世界的に広まったことに誇りも感じている。

クイーンの歴史上のある時期、それは上手く機能していた。例えばライヴ・エイド。僕らは、クイーンが出演することを知らないオーディエンスの前に登場したんだ。クイーンの出演が決まる前にチケットは売り切れだった。しかし『ウィ・ウィル・ロック・ユー』や『レディオ・ガ・ガ』が始まると、オーディエンスは自分たちに何が期待されているかを心得ていた。あの時僕らははっきりと悟った。社会的意識の如く、単なるロックのオーディエンス以上のものが生まれた瞬間だった。

ー今それらの曲はアメフトの試合中にも聴かれます。

そう。世界中どこでも。面白いことに、それらの曲は特にスポーツを思い描いて書いた訳ではなかった。可能性は感じていたのかもしれないが、それよりもオーディエンスのための曲だった。僕らのロック・ファンのための曲だ。僕らはやがて、人々にパワーを与えられるんだということに気づき始めた。

あわせて読みたい

「音楽人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  4. 4

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  8. 8

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  10. 10

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。