記事

初めての自由。板門店で銃撃を受けながら脱北した北朝鮮兵士の今

Yeongsik Im

「好きな場所で、食べたいものを食べる」。こんな私達が享受する「民主主義の日常」を26歳で初めて掴み、喜びつつも戸惑う1人の祖国を捨てた青年が、韓国で生きようとしている事をご存じでしょうか。今回の無料メルマガ『キムチパワー』では韓国在住歴30年の日本人著者が、2017年11月脱北に奇跡的に成功後、「韓国で適応教育」を受け第2の人生を得たオ・チョンソン氏の1年後を紹介しています。

自由の生

2017年の11月に板門店共同警備区域(JSA)にジープで乗り込んで、北の兵士たちから銃撃を受けながらも命からがら南側に到達し、南の兵士らに介抱されて病院に運ばれ、現代のブラックジャックとも例えられるイ・グクチョン(李国鍾)教授の手術で奇跡的に命を取りとめたオ・チョンソン氏(26)のことは記憶に新しいかと思う。このメルマガでも「自由への疾走。20171125」として昨年11月25日にお届けしている。このオ・チョンソン氏のインタビュー記事が朝鮮日報に出ていた。記事を参考にしながら筆者のことばでお届けしたい。

北朝鮮から脱北した人たちが一時教育をうけられるハナ院(ハナウォン)という施設がある。ハナ院というのは正式名称が「北韓離脱住民定着支援事務所」。

北朝鮮で主体思想体制で数十年間暮らしてきた人々を民主主義体制で再適応させるという点でこの施設は非常に重要な機関だ。北からの脱北者は、ここで計12週間の教育を受け、修了後は定着金400万ウォンと賃貸住宅国から世話してもらう。オ・チョンソン氏の場合は、定着資金で家具や冷蔵庫などを購入したら余ったお金はわずかだったという。

産経新聞の11月17日号に、産経とのインタビューでオ氏が答えた内容として韓国軍のことを「軍隊らしからぬ軍隊」といったという記事が掲載されているが、これは産経の誤りだ。北朝鮮軍は10年間服務するのに対し韓国軍は2年間服務する。韓国軍はそれだけ「軽い」ものとなっている。この部分を通訳が誤訳して伝えたらしい。決して韓国軍をばかにして話したものではないとオ氏はトーンを上げた。

命をかけて越えてきた板門店(パンムンジョム)で今年4月に南北首脳会談が開かれた。どういう思いかとの問いに、「政治的関心はない。父親が北朝鮮軍の高位幹部なので、統一してほしいと望むのみ」と答える。

北にいるときには、酒が好きで、飲むときは25度の北朝鮮の焼酎を7本ぐらい飲んだというが今は身体も弱った状態なので全然飲まなくなったという。

JSAをジープで乗り込んできたあの日は、別の部隊で勤務する友人に会って嬉しくて酒を飲み、飲んでいるうちにトラブルが起きて韓国に来たのだそうだ。こっちに来る時は酒がほとんど覚めた状態だった。その友達の車に乗って来たという。

北で殺人をしてこっちに逃げてきたのではないのかという報道もあったのだが、これもそうではないとはっきりと否定し、すでに韓国の国情院での調査でシロであることが証明されているとした。

韓国に来ていい点は何かとの問いに、自由だからいい行きたいところに行きやりたいことができるからいいとオ氏は答える。

ここの部分が筆者にはとても手ごたえがあった。筆者も含めわれわれ日本人や韓国人は、毎日自由を謳歌しているわけだけれど、自由のありがたさなど、これっぽっちも感じていないのではないだろうか。行きたいところに行き、買いたいものを買う。あまりにも当たり前のことだ。でもこれって、実はそんなに当たり前のことではないのだということをオ氏のことばを聞いてあらためて感じさせられるのだ。

学生は学校になんか行きたくないといい、会社員は会社になんか行きたくないという。学校で勉強できる有難さとか会社で仕事のできるうれしさというものなど、普段、感じているだろうか(自分も含めて)。どこへ行っても誰からも注意されることもないし、罰されることもない。そういう「自由の有り難みをもっと切実に感じるところから再出発しないといけないんじゃないのだろうか。

オ氏を知る人々から、韓国の人気タレント「ヒョンビン」に似ていると言われているそうで、「ヒョンビン」がどんな風貌なのかネットで調べてみたけれど、本人曰く、「全く似ていなかった。」しかし、インタビュー記事に横顔がぼかしで出ているのだが、それを見る限りでは、はっきりした顔つきはわからないけれど、かなり美男子であることは間違いない。ヒョンビンとは全然似てないというのは、謙遜の部分もかなり含んでいる発言のようだ。

これから韓国の地で独立してゆくことになる。26歳という若さを存分に発揮して、意味ある人生を送ってほしいところだ。銃創はかなりよくなったけれど、曇った日には痛むという。特に腰が本調子ではないみたいだ。長く立っていたり重いものを持ちあげるのはきついという。

しかし若さがあるじゃないか。全ての困難を乗り越える若さがある。オ・チョンソン君には、天が与えてくれた自由の生を生きていってほしい。それが統一につながるものであれば、花を添えるものとなるだろうけど、そういう雑音は言わない。自由の生を是非、生きていってほしい。

image by: Yeongsik Im / Shutterstock.com

あわせて読みたい

「脱北者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。