記事

片山大臣は、政治資金収支報告書を軽んじ過ぎていないか

片山さつき大臣が、政治資金収支報告書を再度訂正。その額600万円あまり。これまで国会でも何度も政治資金の取り扱いの問題を指摘され、もう訂正はない旨の答弁をしていたのに。訂正は今回で4回目。

これまで、私としては、片山大臣の問題を国会でも、その他の公の場でもあまり取り上げてきませんでしたが、4回にものぼる政治資金収支報告書の訂正は異例としか言いようがありません。

事務所スタッフがコロコロと入れ替わってきたために、十分な確認、引き継ぎがなされなかったことが主因かもしれませんが、ここまでくると、それ以上に片山大臣自身が、政治資金収支報告書を重要なものとして、真剣に扱っていたかということが問われるレベルだと思います。

政治資金収支報告書は政治家に対する資金の流れを公開できるようにして、これをもって適切な政治資金のあり方を確保していこうというもの。

間違いを指摘されたら訂正すれば良い、といった軽い考えで取り扱っているとしたら、制度の本旨をないがしろにしていると言わざるを得ません。

片山大臣の、政治家としての姿勢が重く問われます。

あわせて読みたい

「片山さつき」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  2. 2

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  3. 3

    ゴミ箱は景気のバロメーター?撤去で心配される、街中消費へのマイナス効果

    赤木智弘

    01月19日 14:15

  4. 4

    「正社員を引きずり下ろしたい」"みんなで豊かになる"物語を失った日本の末路

    PRESIDENT Online

    01月19日 11:23

  5. 5

    東京の湾岸マンションの異常な価格上昇

    内藤忍

    01月19日 11:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。