記事

「1on1ミーティング」“わかっているつもり”の親子にこそ勧めたい - 小川大介

2/2

親子1on1ミーティングは、
親が話しすぎないことがポイント

 やり方はビジネスの1on1ミーティングと基本は同じです。ただ、ビジネスの場合は、仕事の合間やランチなどで時間を決めて行うことが多いと思いますが、親子では時間を決めるとかしこまってしまうので、子どもがリラックスしている時に、「ちょっと話そうよ」といった感じでさりげなく水を向けてみましょう。

 やり方はビジネスの1on1ミーティングと基本は同じです。ただ、ビジネスの場合は、仕事の合間やランチなどで時間を決めて行うことが多いと思いますが、親子では時間を決めるとかしこまってしまうので、子どもがリラックスしている時に、「ちょっと話そうよ」といった感じでさりげなく水を向けてみましょう。

 仕事が忙しくて、今まであまりお子さんと向き合って来られなかったという人ほど、「子どものホンネを聞きださなきゃ」と肩に力が入ってしまいがちですが、仕事のようになんでもタスクにする必要はありません。

 子どもの話をいろいろ聞いて、「へぇ~、そうなんだ」「へぇ~、面白いね」と、子どもの話すリズムに合わせて相槌を打つだけでいいのです。そうやって、子どもの言葉に耳を傾け、子どものことを知る。親子1on1ミーティングは、親が話しすぎないことがポイントです。

 同じように、親子でコミュニケーションを図る場として、以前の記事で「家族会議」について紹介をしました。家族の間で何か問題が起きた時、モヤモヤやイライラを解決したい時に活用するものです。家族会議は何か問題を解決したい時に必要なものですが、親子1on1ミーティングは会議ではないので、必ずしも解決策を出さなくてもいいのです。

 では、何が一番の目的かというと、それは子どもに“気づき”を与えることです。

気持ちを聞こうとする姿勢が、気づきを引き出す会話を生む

:「○○はペットをかわいがっている時は、本当に楽しそうだね」

:「うん、僕は動物が大好きだから」

:「どんなところが好きなの?」

:「なんだろう、なんだかホッとするんだよね」

:「そっか、ホッとするのか。がんばっているんだな」

:(ぼく、がんばってるのか。学校に行くのがちょっとしんどいの、それでかもしれない・・・)

:「お父さん、子どもの時に学校いくのがイヤになったことってあった?」

:「ん? 学校? そうだなぁ・・・(なにか話したいことがありそうだな。このまま話したいように話させてやろう)何回かあったかもなぁ。○○は学校、最近どう?」

:「ん〜、実はね・・・」

 上の会話は、親子の何気ないやりとりですよね。お父さんが息子さんのありのままに関心を寄せて、言葉に耳を傾けています。ただ、ポイントとなる会話が二ヶ所含まれています。

 一つ目は、「ホッとする」という言葉を聞いて、「(ホッとするということは、いつもは)がんばっているんだな」と、息子の日常をねぎらっている点です。

 そして二つ目は、子どもが唐突に「学校に行くのがイヤになったことってあった?」と聞いてきた時に、「何かあったのか?」と問いただしたり、「いったい急になんだ?」とさえぎったりすることなしに、話にそのまま乗ってあげている点です。

 このように、会話の内容そのものではなく、話し手の気持ちを聞こうとする姿勢が、(ぼく、・・・)という気づきを引き出すのです。

 人生経験がまだ少ない子どもは(実は大人もそうですが)、自分の気持ちをうまく整理することができません。しかし、誰かに自分の気持ちを聞いてもらえると、話しているうちに「自分は今こう思っていたんだ」「自分が本当にやりたいことは、これかもしれない」と、自分自身のことが見えてきます。

 言葉に出すことで、自分の思いに気づけるようになる。

 自分の気持ちに気づければ、行動に移ることができる。

 ビジネスの1on1ミーティングでは、上司が部下の話に耳を傾け、適切な問いかけによって会話を進めていきます。

 優先順位を意識することで自分の能力が発揮できるようになったり、ミッションと日常業務との関係を考えてみたりなど、多くの気づきを与え、次の行動へとつなげていきます。

 親子1on1ミーティングもそれと同じで、親が子どもの話を聞くことで、子ども自身に気づきを与えます。

 子どもはミーティングという意識はないので、ちょっと最近、お父さんとおしゃべりが増えたな、と思う程度でしょう。それがちょうどいいのです。親子1on1ミーティングは、週に1回、15分くらいで十分です。たった15分でも、気持ちを聞こうとする会話の15分からは想像以上に多くのことを学べるはずです。

 “親子だからわかる”ではなく、親子だからこそ、意識的に会話をする時間をつくってみてはいかがでしょうか。

この連載をベースにした『親も子もハッピーになる最強の子育て』でも、ビジネススキルを活かした子育ての方法が多数掲載されています!

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  4. 4

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  5. 5

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  6. 6

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。