記事

「右斜め45度」から切り取る世界情勢 『AI時代の新・地政学』著者・宮家邦彦さんインタビュー - フォーサイト編集部

1/2
外交官時代の秘話も必読!

 痛快でありながら奥行きを感じさせるユーモアたっぷりの分析。「右斜め45度」からの独特の語り口が、ただの「元外交官」には収まらない宮家邦彦氏の特長だ。

 東京大学法学部卒業後、外務省に入省し、在中国大使館公使や在イラク大使館公使を経て2005年に退官。以来、評論家として活動し、著書多数。現在はキヤノングローバル戦略研究所の研究主幹を務めている。

 今年9月に刊行された『AI時代の新・地政学』(新潮新書)は、まさに「宮家節」が詰まった1冊だ。『週刊新潮』の連載コラム「新聞  ネットじゃわからない国際問題 鳥の目 虫の目 魚の目」(2015年末~2018年4月/全115回)から厳選した64編を再編集した本書は、時事ネタを追いつつも、普遍的な視点で世界を捉えている。

 本書に込められた意図やエッセンスについて聞いた。

――内容が多岐にわたる64編を「AI」というテーマでまとめようと考えたのは、なぜでしょうか。

キヤノングローバル戦略研究所で取材に応じてくれた

 AI(人工知能)が技術業界や経済紙などで注目されていることは、みなさんご承知の通りですが、日本と世界とではAIに対するスタンスがまったく違うと前々から感じていました。何が違うかと言うと、世界では新しい技術が出てくると、商業的のみならず軍事的、もしくは政治的に応用するのが当たり前です。一方、日本では、私がAI関連の複数の専門家に直接話を聞いた限り、政治的応用、軍事的応用という発想が決定的に欠けていた。

 AI技術を事業なり会社の生産性の向上なりに繋げたいと考えている人たちと、AIが人間を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)が来るのか来ないのか、来るなら時期はいつになるのかといった文明論的な関心を持っている人たちはいても、これをどうやって軍事に応用するか、あるいは世界が軍事に応用してAI兵器ができた時にどのようにしてAIで対抗するか、という議論がまったくなかった。

 そのことがずっと頭の片隅に残っていて、そろそろ連載を新書にしないかというお話をいただいた時に、AIをテーマに最後の10回を書こうと考えました。それが本書の第1章になっているわけですが、連載では1番最後に当たります。

 とにもかくにもここで書きたかったのは、いかに日本のAIに対する関心が偏っているかということでした。

――かねて宮家さんは「国家戦略」を「正しい脅威認識と、その対処に必要な軍事同盟の円滑な運用」と見做してきましたが、この関心の偏りは、まさに「戦略のなさ」を物語っているように思えます。

 日本では戦後、私が「戦後空想的平和主義」と呼んでいる状態がずっと続いています。カギ括弧つきの「平和国家」、それも「戦争放棄」の放棄にもカギ括弧がついてしまう、「戦争『放棄』」の「平和国家」です。

 そもそも戦争をしないということになると、要らなくなるものがたくさんあります。「核」を含めて危ない兵器は持ちません、兵器の開発もしません、新しい技術の軍事応用もしてはいけません、我々には平和憲法があるのだから、これで平和を守るのだ、というわけです。

 従って、本格的なインテリジェンス、つまり諜報活動もできません。諜報活動で最も大事なことは、敵がいつ何時、どこから攻めてくるのかということ。その可能性があるからこそ諜報が必要になってくるわけですが、日本は極言をすれば敵は攻めてこないという「空想」に拠っている。万一、敵が攻めてきたとしても、最小限の防衛力で対処するということなので、いわば戦争の準備であるインテリジェンスなんてとんでもない、要らないということになる。

 学術界でも、さまざまな技術の軍事利用はおろか軍事に関する研究自体が事実上、禁止されている異常事態が続いている。残念ですが、正直なところ、このままではこの国に将来はないと感じます。

――AIと並んで本書のエッセンスとなっているのが「地政学」ですが、宮家さんにとって地政学とは?

「地政学」と言うと何だかおどろおどろしいもの、特別な人だけが分かっている特別な方程式、万能のものというイメージがあるかもしれません。あるいは、この言葉を使う人が何でも分かっているかのような錯覚を抱いてしまう人もいるでしょう。

 しかし、万能の方程式などあるわけがありません。地政学は地理の「地」と政治の「政」が合わさった名前の通り、地理的な概念を念頭に置きながら政治を語ることを言います。ですから、一種の政治学であり、手法であり、これによって何かユニバーサルな結論が出るわけではない。残念ながら、地政学はそれほど便利なものではありません。

 ある国の地理、具体的に言えば山、川、海、島ですが、そういった地理的な要素がその国の歴史的な安全保障上の脅威や優位性にどのような影響を及ぼしてきたかを考え、どこが最も脆弱で、どこが最も強固かということを研究する中で、歴史から得たヒントが将来を予測することに繋がるかもしれない、というだけのこと。大した話ではないのです。

「地政学リスク」などという言葉が広まったために混乱が生じてしまいましたが、この言葉を最初に使ったのはアメリカのFRB(連邦準備制度理事会)だったと記憶しています。つまり、地政学のことをまるで分かっていない人たちが使い始めた、よく分からない言葉なのです。よく“地政学をやっている宮家なら意味が分かるだろう?”と聞かれますが、私にも分かりませんし、分からないというのが正解。

 この言葉を使っている人が何を表しているのか分かっているなら、別の言葉で表せるはずですが、おそらく使っている方もよく分かっていないのだろうと思います。というわけで、少なくとも私は「地政学リスク」という言葉は使いません。

あわせて読みたい

「地政学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。