記事

「食肉の帝王」浅田満氏はなぜ国から293億円も引き出せたか

【BSE騒動には、裏の主役がいた(時事通信フォト)】

 平成という時代を振り返ると、政治や経済の重大な局面で必ずその存在が見え隠れする。表の権力者たちを支え、動かし、時に揺るがす「フィクサー」たちだ。確かに昭和の時代にも暗躍した「大物フィクサー」はいた。舞台回しのスケールでいえば、平成よりはるかに大きかったかもしれない。だが、表の権力者が小粒化した平成の政界において「フィクサー」の存在感は相対的に増している。さらにいえば、彼らが「表の実力者」としての顔を持つことも特徴といえる。いったいなぜ彼らは、それほどの存在になり得たのか。

「食肉の帝王」と呼ばれた男がいる。肉牛の飼育から加工、販売、輸入まで手がける食肉業者ハンナングループの総帥・浅田満氏(79)だ。

 食肉業界という“聖域”に潜むフィクサーだった浅田氏の名前が知られたのは2001年の狂牛病(BSE)問題が発端だった。

 日本で最初のBSE感染牛が発見されると、農水省は国産牛の全頭検査を決定、さらに「消費者の不安を取り除く」という理由で検査前に処理されて保管されていた国産牛肉を国が買い取り、全量焼却処分することにした。

 BSE発生からわずか3か月でのスピード決定である。

「BSEで牛肉が消費者に敬遠され、売れなくなったから国が食肉業者の在庫を税金で高く買い取る」という食肉業界保護政策であり、買い取りと焼却に総額293億円もの国費が投じられた。浅田氏は政界人脈を通じて農水省に働きかけ、この国策決定に大きな役割を果たした。なぜ浅田氏は国策をも動かせたのか。著書『食肉の帝王 同和と暴力で巨富を掴んだ男』で浅田氏の人物像と人脈を描き出したジャーナリスト・溝口敦氏が語る。

「父親が地元の羽曳野で肉の仲買業を営んでおり、弟2人は山口組系の暴力団組員だった。羽曳野市を中心に、食肉とアンダーグラウンドの人脈を培う素地があった。そこを入り口に、畜産、建築、農林水産と、裏社会から政財界まで人脈を広げていった。鈴木宗男氏や松岡利勝氏ら農水族議員らを資金援助し、知事や地方議員をアゴで使うまでになり、農水省からは補助金も出させていた。

 一方で、山口組五代目の渡辺芳則組長を“なべちゃん”と呼ぶほどの仲でした。表と裏の人脈を最大限利用していた」

 農水族議員や農水省にとっても、浅田氏は得がたい存在になっていた。食肉分野は常に外国から輸入拡大を求められ、輸入割当など業界内部の調整は難しい。政治家も官僚も裏では、ひと睨みで業界を黙らせることができる浅田氏の“調整力”を頼りにした。浅田氏は、これらの人脈を使い、巨大公共事業も手中に収めていく。

 飛ぶ鳥落とす勢いで事業を拡大させた浅田氏だが、皮肉にも自ら働きかけた食肉保護政策が原因で、失脚する。

 当時、国の買い取り価格が高く設定されたために、買い取り対象外の安い輸入牛肉を「国産」と偽り国に高く買い取らせ、差額で儲ける「牛肉偽装事件」が数多く発生し、雪印など大手を含め多くの業者が破綻した。

 浅田氏も業界最大規模の量を国に買い上げさせたうえ、全量焼却したが、1年後、大阪府警と大阪地検が合同でハンナンの捜査に乗り出し、食肉偽装で国から50億円を詐取した容疑で浅田氏をはじめ11人が逮捕された。

※週刊ポスト2018年12月7日号

あわせて読みたい

「BSE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  5. 5

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  6. 6

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  7. 7

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。