記事

ハリセンボン近藤春菜と脳科学者が激論「美人はトクか損か」


 ハリセンボン・近藤春菜が、11月27日放送の『踊る!さんま御殿』に出演して、脳科学者の中野信子氏とバトルを繰り広げた。

 職場で女性が「かわいい」と言われることについて、中野氏は「セクハラです」ときっぱり。

「能力低いと言われているのと一緒ですから」

 中野氏が言うには、女性の容姿がいいと仕事ではマイナスになる。能力が目減りして見られるというのだ。これに対し、カメラは不満顔の春菜をアップ。

「容姿でとられる(採用される)って最高の才能じゃないですか? 奢ってもらえるし、物も買ってもらえるし」

 容姿のいい女性が得しているのを見てきた春菜が反論するなか、中野氏はハリセンボンについて称賛する。

「そんなことないですよ。お2人こそ能力で測ってもらっている素晴らしい例」

「角野卓造」や「マイケル・ムーア」のモノマネで活躍する春菜だが、ここで猛反論。

「それはでも、ブスってことですか? 私たちは容姿でとってもらえないってことですか!?」

 これにはサンマもすかさず、中野氏に向かって「パワハラですよ!」とツッコミを入れた。

「現代ビジネス」(2018年8月10日)で「女性の容姿への『残酷な心理実験』の結果が示す社会のひずみ」と題したコラムで、中野氏は次のように語っている。

《容姿に優れた女性がいたとすると、周りから「性格が悪い」だの「結婚しない」だの「子どもをつくらない」だのと攻撃され、いつの間にかステレオタイプ的にふるまうように社会が彼女を「洗脳」していくのだ》

 女性の容姿というのは、永遠に解決のつかない問題なのかも。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  10. 10

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。