記事

安倍首相は「蚊帳の外」北朝鮮とロシアの“蜜月”をウラジオストクで考えた - エネルギー利権、北朝鮮労働者ーー。不気味なまでに利害を一致させている - 中村 逸郎

1/2

 安倍首相はG20に出席するため、アルゼンチンへと旅発った。現地では、ロシアのプーチン大統領と日露首脳会談が予定されている。「戦後外交の総決算」を掲げている安倍政権は果たして成果をあげることができるのだろうか。

【写真】この記事の画像(26枚)を見る

 9月、ロシアのウラジオストク市で開催された「東方経済フォーラム」に出席した安倍首相は、プーチン氏に2018年末までの「前提条件なしの平和条約締結」を提案された。これはつまり、ロシアが領土問題(北方領土4島返還)を切り離して平和条約を締結したいと言っているも同然である。


 安倍首相は、こうした態度をとるプーチン氏に対し、北方領土の問題にいかに斬り込むのか。北朝鮮の拉致・核・ミサイル問題を解決し、国交正常化を果たせるのか。いままさに岐路に立っている。

 他方、モスクワには10月末から北朝鮮の高官が次々と入っており、ロシアと北朝鮮初の歴史的な首脳会談が実現しようとしていることは、あまり知られていない。

プーチン氏の外交デビューは北朝鮮だった

 大統領に就任した2000年、プーチン氏が外交デビューの舞台として選んだのが北朝鮮だった。金正日総書記との会談では、北朝鮮が抱えるロシア(ソ連時代を含む)にたいする累積赤字110億ドル(1兆1220億円)の軽減について協議を開始し、ロシア連邦議会は2014年、累積債務の90パーセントを帳消しにすることを承認した。その引き換えにウラジオストク市に隣接する北朝鮮の羅津港の使用権を獲得、さらに2013年には羅津港とロシアは一本のレールで繋がった。ロシアは新たな不凍港を取得し、シベリア産の石炭などを一年中アジア諸国に輸出できるようになった。

天然ガスがもたらす莫大なエネルギー利権

 プーチン氏が不凍港の取得以外にもロシア極東に力を入れているのはもう一つ理由がある。天然ガスをめぐるエネルギー利権の問題である。

 プーチン氏はウラジオストク市で2015年に「東方経済フォーラム」をはじめて主催し、毎年9月の開催が定例化している。日本や中国、韓国をはじめとして近隣諸国の企業家を招いてロシア極東への投資を呼びかけており、北朝鮮の経済使節団も参加している。プーチン氏の構想では、サハリン北部で採掘されている天然ガスのパイプラインは現在、ウラジオストクまで敷設されているが、さらに北朝鮮から韓国、そして中国東北部に延長し、莫大なエネルギー利権を確立したいのだ。

北朝鮮の大きな外貨収入になり得る

 北朝鮮側にもメリットがある。電力不足を解消できるだけではなく、韓国と中国へのパイプラインを流れる天然ガスの通過料を徴収できる。つまり、大きな外貨収入になるのである。韓国にとっても、メリットは大きい。タンカーによる液化天然ガスに代わって、ロシア産天然ガスをパイプラインで輸入できれば、電気料金は今よりも40パーセントも安くなると試算されている。

 さらには朝鮮半島とロシアを結ぶ高速道や鉄道網を整備する計画があり、さらに中国が加わる計画が進行中だ。ロシア、中国、そして非核化をめぐって対米不信を強める北朝鮮らの反米勢力の台頭が浮き彫りになってきている。さらに北朝鮮との融和に前のめりの韓国。

 これまで利害が一致しなかった国々が、こうした経済的な事情で不気味なまでに利害関係を一致させつつあるのである。

ウラジオストクを歩けばロシアと北朝鮮の関係性が分かる

 ウラジオストク市は、日本とは日本海をはさんだ対岸のロシア極東の経済拠点である。日本からもほど近く、成田空港から飛行機で2時間半の距離である。この地は、ソ連崩壊後、経済的理由からロシア人が都市部に流出、ロシア人に代わって、北朝鮮をはじめ、中国、中央アジア諸国、ベトナムからの労働者が大量に流れこんだ「移民天国」でもある。

 この街を歩くと、今のロシアと北朝鮮の関係性がよく分かる。

 私は9月、「東方経済フォーラム」開催前のウラジオストク市を歩いた。そこで目の当たりにしたのは、北朝鮮労働者とロシア人の深い結びつき、そして彼らが北朝鮮にもたらす「経済貢献」の実態だった。

「誠実で良心的」と評価される北朝鮮人労働者

 私がその実態を知るきっかけをくれたのは、一人のロシア人男性だった。彼は、ウラジオストク市で北朝鮮からの労働者を雇用するリフォーム会社を営んでいる。8月中旬、ウラジオストク市に向かう準備を進めていた私に、電話をくれたのだった。

「北朝鮮人は自国で内装の技術を学んできていますが、なんといっても良心的に働いてくれます。ロシア語で会話でき、住人が外出しても、その隙に室内の貴重品を盗むことはしません。休日でも働き、仕事の合間に休憩をとることもしません。早朝6時半から夜11時まで作業しますので、短期間で作業を終えます」

 経営者は、北朝鮮人が誠実に作業し、信頼できるとアピールする。国際社会では北朝鮮への不信感が根強いが、そのイメージとは対照的な北朝鮮人の誠実な働きぶりに私は驚いた。

賃金はロシア人の4分の1

 電話口の男性は、雄弁な口調で説明を加える。

「北朝鮮人の工事代金はとても安い。たとえばキッチンやバスのタイルの張替えを依頼すると、1平方メートル当たりの単価は800ルーブル(約1600円)。でもロシア人に依頼すると、3000ルーブル(約6000円)に跳ね上がります。だから北朝鮮人だと、4分1の料金に節約できます」

 安価な労働力として重宝されているようだ。北朝鮮労働者はロシア国内の複数の会社をかけもっており、元締めのロシア人の指示に従って働きに出かけているようだった。

 北朝鮮人の仕事は、住居のリフォームだけではない。ソ連時代の荒廃した国営農場でロシア人に代わって農作業をしており、さらに森林地帯の奥深くで木材の伐採をしたり、建設や漁業に従事したりしている。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。