記事

葛飾北斎の娘・応為、「時の人」として海外でも脚光 現代人の心を打つ生き様と画力

露木為一 / Wikimedia Commons

 社会に影響力のある女性100人を選ぶ「BBC 100 Woman 2018」が発表され、日本からは天文学者の大小田結貴氏(23)、東京オリンピックに向け英会話を勉強している高見澤摂子氏(90)が選ばれた。同企画は歴史に埋もれた女性にも注目しており、葛飾北斎の娘・応為をアニメーションで紹介。葛飾応為はこの数年、海外メディアで取り上げられる機会がぐんと増え、注目の人になっている。

◆北斎人気の高い海外が見た「次の波」

 2018年は女性の権利に関して世界中で目覚ましい動きが見られ、「BBC 100 Woman」でも、情熱や怒りをもって行動したという基準で時の人が選ばれた。同時に、歴史に埋もれてきた女性を見直す動きも広まり、同企画では歴史上の女性を紹介する映像のひとつとして、葛飾応為のアニメーションを公開した。

 葛飾応為は離縁後に北斎のもとで助手を務めるなどして画業に専念するようになり、父の死後も絵の道を歩んだ。北斎晩年の作品にみられる、細密かつ鮮やかな画風は彼女によるものだとの指摘もあり、作家性を確立した名手だと評価されている。また、人柄は父に似て偏屈なところがあり、反良妻賢母的な面も目立ったという。BBCのアニメでは、偉大な北斎の影に隠れてきた応為を、父の代表作にかけて「ネクスト・ウェーブ」だと称賛。イギリスでは昨年、大英博物館での北斎展が大好評だったこともあり、今後も脚光を浴びそうだ。

◆「女性が生きづらい時代、型破りに生きた」と驚きの声

 海外で応為が知られるようになったのは、彼女を描いた映画やドラマの影響も大きい。とくに、日本でも高い評価を得たドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』(2017年、NHK)は昨年、世界最大の国際映像見本市「MIPCOM」でプレミア上映されると、多くの欧米メディアから注文が集まった。ドラマは、応為が父のもとで修業を積み、やがて自らの表現を見つけていく姿を描いたもの。老いた応為が、夜の吉原遊郭を光と陰で表現した「吉原格子先之図」を描くクライマックスでは、作品も脇役として光る。  ドラマは今年も国際エミー賞など複数の国際ドラマ賞にノミネートされ、引き続き話題だ。今秋開催されたサンフランシスコ日本映画祭を報じたサンフランシスコ・エグザミナー紙は、同作のポイントを「女性が権利を持たなかった19世紀の日本で、身軽に、型破りに生きる若い女性」と見た。もともと欧米では伝記ドラマの人気は根強いが、応為の現代的な生き方、飄然とした人物像が目を引いたようだ。

◆応為の人柄をとらえたアニメがNetflixで人気に

 応為を描いたアニメーション映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』(2015年)も海外でじわじわ広まっている。この作品でも、応為が画業に没頭する姿や、複雑な父子関係が知られるようになった。  ガーディアン紙は、北斎と応為を紹介する特集記事で同アニメに触れつつ、最新の研究までカバーして彼女の人物像に迫った。『三国志』を題材にした「関羽割臂図」に着目したのも、応為の表現力を紹介するためだろう。この作品では、毒矢で射られた腕を医者に切開された関羽が碁を指すという凄絶な題材が描かれる。滴り落ちる血の表現が関羽の豪傑ぶりを際立たせるとともに、碁盤の装飾など応為ならではの精緻な表現も目を引く。これを「最も印象的な作品のひとつ」としたのは、当時の女性として破格の筆づかいと見たからだろう。  現代人の心をつかむ応為の作品や生き方、複雑さは、これからも多彩に読み解かれ、国内外でファンを増やしていくことだろう。

あわせて読みたい

「アート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  9. 9

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。