記事

緑の党・同盟90

画像を見る
(女性がドイツ連邦議会議員)

ドイツは環境先進国として多くの日本の人が視察に出かける国で、特に風力発電があちこちにあるということでも知られていますし、昨年の東日本大震災でも福島第1原発事故以来、ドイツの脱原発政策が注目されています。

そういうドイツから来たドイツ連邦議会議員、つまり国会議員でありその中でも自然を守ることとか、脱原発を旗頭にしている「緑の党・同盟90」という国会の中で68議席を保有し、一定の発言力がある野党の原子力政策スポークスマンであるジルヴィア・コッティング・ウール議員が日本を訪問中です。

ドイツは日本よりはるかに広大な土地を保有し、ヨーロッパの中心で他国とは国土が接している国で災害も少ないという違いがあって一概に同じような状況で判断することは難しいけど、いろんな情報交換をさせて頂きました。

何よりドイツは10年前に原発を作らないという政策を出し、またその延長をするということになったそうですが、それは核が怖いということで始まりました。

この緑の党はその意味ではこの政策に賛同しているのですが、現在の首相のメルケルさんがさらにその政策を10年延長するというこを発表した時に党としては難色を示したそうです。

それは原発を作らないということはいいんですが、そのかわりに風力やメガソーラーなどを急速に拡大するということがセットになっていて、ドイツでも風力発電を設置するにあたって音の問題があって今までのようには進んでいなし、メガソーラーとなると日本ほど日照率が高くないので、さらに大きな施設を作る必要があって自然を壊してしまうのではないか?という懸念があったそうで、この問題は今も国内で喧々諤々の議論がわき起こっているそうです。

我々から見ると、ドイツの環境政策、エネルギー政策はずいぶん進んでいるように見えますが、現実はなかなか厳しいようで、脱原発と言っても、フランスの原発による電力を買っているので完全な脱原発とは言えず、どの国もいろんな課題を抱えています。

あわせて読みたい

「原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  5. 5

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  6. 6

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  7. 7

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  8. 8

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  9. 9

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。