記事

忘年会は「勤務時間内にやってほしい」「居酒屋開催に飽きた」社会人の半数 7割は「仕事の一貫」というスタンス

貸しスペース事業を行う「スペースマーケット」は11月27日、「職場の忘年会に関する調査」の結果を発表した。社会人の71.3%が「忘年会を仕事の一貫だと思う」と答えており、「勤務時間内に実施してほしい」と考える人が48.8%いる。

「職場の忘年会に参加したくない」と思う人は39.6%で、主な理由には、「プライベートを優先したい」(24.1%)「上司の対応が面倒くさい」(18.5%)が挙がった。調査は、今年11月16日~19日の間に実施。全国のスペースマーケット会員を対象に行い、1585人から回答を得た。

「ランチ忘年会」「鍋パーティー」など変わり種を希望する声も

そろそろ忘年会シーズンですね

「職場の忘年会で求めていること」は、「美味しい食事を楽しみたい」、「人間関係を深めたい」、「色々な人と話してみたい」、「仕事以外の話をしたい」、「普段とは違う空気を楽しみたい」など、コミュニケーションに関する項目が上位にランクインした。

忘年会を始め、多くの社内食事会は居酒屋で行われることが多いが、居酒屋での忘年会に飽きている人は53.9%。「普段とは違う雰囲気・内容の忘年会をしてみたい」人は81.3%に上っている。具体的には「ランチ忘年会」がトップで、「室内アクティビティ(卓球やダーツなど)」、「鍋パーティー」、「たこ焼きパーティー」が続いた。

「飲み会での上司の対応は面倒くさい」と思っている人は49.7%。「わざわざ並んで乾杯しにいかなければいけない」、いわゆる「乾杯行列」のほか、「ずっと同じ自慢話を繰り返してくる」などの武勇伝ループを億劫に思う人が多い。こうした風習が、忘年会への参加意欲を下げているようだ。

また、普段の職場で「上司と本音で話せていない」と回答した人は40.2%。上司の立場の人に「部下と本音で話せているか」聞くと、「話せていない」が35%だった。一方、「対上司」では61.2%、「対部下」では69.7%が「もっと本音で話したい」と答えている。本心ではもっと密なコミュニケーションを取りたいと思っている人が多いようだ。

あわせて読みたい

「忘年会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本の終身雇用制度が完全終了か

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    池袋車両暴走は政治家の責任か

    篠田 英朗

  3. 3

    東大の男性優位 出身高校にも差

    大隅典子

  4. 4

    延期発言は安倍首相の入れ知恵か

    PRESIDENT Online

  5. 5

    迷惑高齢者ネタ批難は正しいのか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    人生再設計への改称は責任回避か

    赤木智弘

  7. 7

    人気ラッパー語るアイドル界の闇

    BLOGOS編集部

  8. 8

    高須院長 文政権は矛盾しかない

    NEWSポストセブン

  9. 9

    高齢者だけに運転禁止を強いるな

    内藤忍

  10. 10

    若者は年配者の暴走を止めるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。