記事

貴乃花の日テレ『スッキリ』離婚独白、テレ朝は激怒

【1995年6月、花田家が日本一幸せだった頃】

 離婚を発表した元貴乃花親方(46才)と花田景子さん(54才)。2人はいつからすれ違ってしまったのか──。

 1995年5月に結婚した2人はその後、3人の子宝に恵まれた。実兄の若乃花(47才・現在の花田虎上氏)はその前年に当時日本航空のCAで読者モデルだった美恵子さん(49才)と結婚。兄弟で横綱となり、そろって美人妻をもらったとあり、花田家は“日本一幸せな家族”とまでいわれた。

 だが、その幸せは長くは続かなかった。1998年9月、貴乃花が突如、「若乃花の相撲には基本がない。もう若乃花と話す必要はない」と痛烈に批判した。兄弟横綱の突然の反目。この発言がきっかけとなり、新聞、雑誌、ワイドショーを巻き込んでの一大騒動に発展。

「これは当時の貴乃花が通っていた整体師による影響だといわれていました。この騒動をさらに大きくしたのが、父親の故・二子山親方です。メディアの取材を受けた親方は“貴乃花は洗脳されている”と断じたことで報道はさらに過熱した。なぜ親方がこんなことを話したのか。彼の中では貴乃花は“将来、相撲協会の理事長になる器であり、親方になってからよりも現役時代に膿を出し切りたい”という思いがあったからです。しかし、これがきっかけで、母親の紀子さん、虎上さんとは現在に至るまで関係が修復されていません」(スポーツ紙記者)

 母の不倫騒動、両親の離婚と虎上氏の離婚。花田家は常にスキャンダルの渦中にあった。そんな時にも陰で支えてきたのが、景子さんだった。

「洗脳騒動の渦中、景子さんは横綱のそばに寄り添い、サポートし続けていました。引退後、女将さんとなった景子さんは3人の子育てを一手に引き受け、部屋も切り盛りしていた。彼女ががんばれたのは、かつての二子山親方と同じく、夫に対して夢を見ていたからです。理事長という夢を。景子さんも“いつかは理事長夫人に”という思いがあったからこそ、これまで走ってこられたのです」(景子さんの知人)

 貴乃花との離婚を受け入れて、景子さんは今は前向きだという。

「つい先日会った時には新しいビジネスやテレビの仕事について熱く語っていました。引きずっている様子は見られませんでした」(前出・景子さんの知人)

◆なぜ愛弟子の優勝後に離婚を発表したのか

 気になるのは離婚の発表のタイミングだ。第一報を打ったのは11月26日放送の『news zero』。翌27日の『スッキリ』(共に日本テレビ系)には貴乃花が単独出演し、離婚について語った。

「完全に日テレの独自スクープで、他社は出し抜かれました。怒り狂ったのはテレビ朝日です。テレ朝は今年2月、日馬富士による暴行事件の顛末を、当時の貴乃花親方に独占インタビューすることに成功しました。この裏には、親方への取材陣の徹底した配慮があった。取材を自粛し、彼の要望をすべてのむなどの努力があったのです。このインタビューを放送したことで、相撲協会からの怒りを買ったテレ朝は出入り禁止を食らった。そこまでしたのに、今回あっさりと日テレに抜かれたことに、テレ朝は“なぜうちに教えてくれなかったのか”と、激怒しているそうです」(テレビ局関係者)

 10月29日には、退職後、初めてのテレビ出演。『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、近況やプライベートを明かした。

「この『しゃべくり007』のスタッフの中に、貴乃花が信頼するディレクターがいるそうです。それだけならテレ朝も同じ条件です。一部では、日テレ側に今後の仕事に関するルートがあるから、という声も聞こえています」(前出・テレビ局関係者)

 そういった理由があるにしろ、最悪のタイミングでの発表だったと言わざるを得ない。

 離婚報道前日に、愛弟子の貴景勝(22才)が九州場所で初優勝。離婚報道前まではテレビも新聞も貴景勝一色で、貴乃花も応援のコメントを出していた。このおめでたい話が師匠の“不幸話”で消し飛んでしまったのである。

「報道が出るタイミングは親方も知っていたはずですから、もう少し配慮をしてもよかった。一事が万事、真っ直ぐすぎて不器用なんです」(後援会関係者)

 これまでは土俵際で踏ん張ってきた花田家。土俵を割った瞬間、23年間培ってきたものが崩れた。もう一度、立て直すことは容易ではない。

※女性セブン2018年12月13日号

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  10. 10

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。