記事

トランプ大統領、米ロ首脳会談を急きょ中止 ウクライナ情勢受け


[ワシントン/米大統領専用機上 29日 ロイター] - トランプ米大統領は29日、今週末開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の合間に予定していたロシアのプーチン大統領との会談を急きょ中止すると発表した。ロシアのウクライナ艦船拿捕(だほ)問題を理由に挙げた。

会談中止は、2016年大統領選でのトランプ陣営とロシアのつながりを巡る捜査が深まる中での決定となった。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で「ウクライナの艦船と船員がロシアから帰還していないという状況を踏まえ、予定していたアルゼンチンでのプーチン大統領との会談を中止することが最善と判断した。問題が解決した段階で、意義ある首脳会談を開催できることを楽しみにしている!」と述べた。

トランプ大統領はこれに先立ち、プーチン大統領と会談する可能性を示唆。当初記者団に対し、プーチン氏とはおそらく会談するとし「会談するのにとてもよい時期だ」などと話していた。それから約1時間後、G20が開催されるアルゼンチンに向かう大統領専用機(エアフォース・ワン)の中でツイートし、会談取り止めを表明した。

サンダース報道官は、トランプ大統領がポンペオ国務長官やケリー首席補佐官、ボルトン補佐官と会話した後、会談中止を決定したと明らかにした。

ロシア政府は会談中止のニュースを報道で知ったもようだ。

同国のペスコフ報道官はRIA通信に対し、トランプ大統領の決定を遺憾とした上で、ロシア側はトランプ氏と接触する用意があると述べた。また「会談中止は重要な国際問題を巡る協議が無期限に延期されることを意味する」と述べた。

この日は、トランプ氏の元個人弁護士マイケル・コーエン被告が、トランプ財団のモスクワ不動産事業を巡り議会で虚偽の証言を行った罪を認めた。

こうしたタイミングでトランプ大統領がプーチン氏と会談を行えば、ホワイトハウスに対する批判が強まる可能性があった。

トランプ大統領はまた、G20首脳会議の合間にサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と会談する意向はあるものの、スケジュールが許さないと述べた。

*内容を追加します。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。