記事

「ゲノム編集の子」に世界から批判

香港で開催中のゲノム編集の国際会議で、昨日28日、ゲノム編集技術で受精卵の遺伝子を改変し、HIV(エイズウイルス)にかかりにくい体質の双子を誕生させたとする中国の研究者が研究内容を説明し、その意義を語りました。

中国の南方技術大学の賀建奎副教授で「ゲノム編集技術を受精卵に使い、健康な双子を誕生させた」と報告しました。出席者からは、安全、倫理面からの批判とともに事実かどうかを含め、検証を求める声があがった、と報じられています。

HIVに感染した男性と、感染していないパートナーの女性の受精卵を対象にした、とのこと。賀氏は、昨年、北京にあるエイズ患者の互助団体から紹介された50人を対象に実験を実施し、受精卵で妊娠した例が他にも、もう1例ある、と明らかにしました。

このことについて、世界の科学者から厳しい批判が集まっていることは、当然のことだと思います。賀氏の主張どおり子どもが生まれていた場合、安全性や倫理的な問題、妥当性などについて十分な議論は行われていず、将来の何世代にもわたって子孫に悪影響が出る恐れあがあります。倫理規定を無視した「人体実験」です。

父親がエイズに感染していても、母親が感染していなければ、ゲノム編集をしなくても、エイズを防ぐ方法は他にあり、売名行為という見方もあるようです。

賀氏は、両親への説明など適切な手続きを経たと説明していて、「この研究に誇りを持っている」としています。しかし、子が生まれた病院などは明確になっていず、実際にゲノム編集が行われたかどうかは謎のまま、だということです。

ゲノム編集は、生物の遺伝子を思い通りに変えられる技術で、これが人体で行われれば、望む容姿、望む能力を持った子どもを作れることになってしまい、生命を操作することになります。

欧米では、子の出産につながる研究を禁止する法律がある国が多くなっています。日本では、生殖医療の法律が遅れていて、代理出産の法律を作ろうと努力しましたが、どこまで生殖医療を認めるかの合意が得られず、作れませんでした。

昨日28日、日本でも文部科学省と厚生労働省の専門家会議が、生殖補助医療目的の基礎研究に限って容認し、人や動物の子宮に戻すことを禁止する指針を決定した、とのこと。

中国でも、子宮に戻すことは禁止されていて、賀氏も罰せられると伝えられています。人体にどのような影響があるかはっきりせず、生まれた子どもや、その子孫に責任が持てないようなことは、決してすべきではないと思います。

あわせて読みたい

「ヒトゲノム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  3. 3

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  6. 6

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  7. 7

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

  8. 8

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    元中国人の選挙出馬に心ない罵声

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。