記事

制裁下でも「古着」入荷…北朝鮮で人気の「日本製品ベスト3」

かつて、北朝鮮には「最高級品は日本製」という時代があった。新潟港と東海岸の元山(ウォンサン)港を行き来していた「万景峰(マンギョンボン)92」号が、日本から様々な品物をせっせと運んでいたのだ。日本政府が2006年に対北朝鮮のすべての品目の輸出入を禁じる独自制裁を導入して以降、北朝鮮には日本製品があまり入らなくなったが、メイド・イン・ジャパンの人気は依然、根強い。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた、市場で最近人気の日本製品は、ダウンジャケットだ。新品のものはかなり値が張るが、古着なら9万北朝鮮ウォン(約1170円)で買える。

中国製のダウンジャケットも多数入荷するが、新品は決して安くない。一方で日本製は、古着であっても新品同様で、コストパフォーマンスに優れているとして、入荷すれば季節を問わずすぐに売れてしまうという。

(参考記事:美女と「日本製の部屋着」に狂わされた、ある北朝鮮警察官の選択

制裁発動後は日本から直輸入されることは少なくなったが、中国経由で古着が入ってくる。また、北朝鮮に住む元在日朝鮮人の元を訪れる日本在住の家族がお土産として持ち込んだものも市中に出回るという。

ちなみに、中国で最も有名な日本のブランドと言えばユニクロだが、遼寧省だけで20店舗あり、うち1店舗は北朝鮮との国境に面した丹東にある。お隣の吉林省にも延辺朝鮮族自治州延吉を含め8店舗がある。詳細は不明だが、これら店舗で買い求められた製品も北朝鮮に持ち込まれているものと思われる。

それ以外で人気の日本製品といえば、中古自転車がある。値段の相場は20万北朝鮮ウォン(約2600円)。また、日本製での血圧計も人気だ。新品は1台120万北朝鮮ウォン(約1万5600円)、中古でもその半額と高価だが、中国製より質がいいとして飛ぶように売れるのだそうだ。

ソニーや東芝製のブラウン管テレビも出回っているという。これらは、富裕層が液晶テレビに買い換える際に売り払ったものだ。ちなみに、北朝鮮製の「松」ブランドの65インチ液晶テレビは1250ドル(約14万2000円)で売られている。

若者の間で人気がある日本製品はバッグだ。韓流ドラマ、映画を見るのに欠かせないノートテル(携帯用メディアプレイヤー)を入れるのにちょうどいいのだそうだ。それ以外にもインスタントカメラ、ミシンなどが好まれる。最近は写真を自由に撮れるスマートフォンを使う人が多いが、その場で写真の現像ができるインスタントカメラを買い求める人もいる。

情勢や時期によって多少の変化はあるが、日本製品は厳禁されている韓国製品とは異なり、北朝鮮国内に一度持ち込まれればさほど厳しく取り締まられないというメリットもある。

(参考記事:北朝鮮市場 ついに「日本製」も取り締まりの対象に

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。